石井 ゆかり 2020 年報。 石井ゆかり 公式ブログ

石井ゆかりさんの年報を読んで考える2020年。|しゅり|note

石井 ゆかり 2020 年報

特に2019年の中で「自分の目指すものはこれだ!」と、創造性を発揮する方向性を摑んだ人は、すぐに具体的な行動を起こせるでしょう。 私が残念だったこと。 ここまでに築いた人間関係の中から、より深く踏み込むことのできる関わりが、この時期、浮かび上がって見えるかもしれません。 また、ふとした言葉をきっかけに、 いきなり愛が始まる! ということもあります。 専門分野の拡大や実力の強化を目的として、かなり的を絞ったアクションを起こせそうです。 恋愛や子育てなどは、他者を巻き込んでの活動ですが、その根本には一人の人間としての感情があります。

次の

石井ゆかり 公式ブログ

石井 ゆかり 2020 年報

とはいえ、1年の全てに 愛のチャンスがちりばめられている、 という印象です。 2019年の中で計画してきたことを、 一気に実行に移す! ということになるのかもしれません。 そして何より、 「人からこう言われた」という記憶が 「セルフイメージ」の材料となります。 仕事や勉強など、普段の任務が忙しい時期ではあるのですが、いつになく強く熱い愛の追い風が吹いています。 新しい人間関係が生まれ、膨らんでいきます。

次の

【無料占い】2020年はどうなる?石井ゆかりが12星座別に解説

石井 ゆかり 2020 年報

人に会う機会が増え、 色々な力を受け取れます。 遠出する人が多いでしょう。 とても忙しい時期で、獲物を追いかけるスリルと情熱、充実感を常に感じられるでしょう。 月の後半は、「誰と活動していくか」「誰と強い関係を結ぶか」というテーマに光が当たります。 ここからはそこをベースキャンプとして、貴方個人の創造性をどんどん外界へ打ち出していけるようになるのです。 遊びゴコロやセンスなどは、 その「キラキラしたチャンス」に不可欠です。

次の

【無料占い】2020年下半期はどうなる?石井ゆかりが占います

石井 ゆかり 2020 年報

とにかく、戦いの場面が長くて多いのです。 2020年中にかなり大きな目標を達成しようとしている人が多いはずなのですが、1月はそのために必要なあらゆる準備を進められます。 10月末から11月中旬は、 「人」に恵まれる時期です。 どんな愛の関係性にも当てはめられるような文章なんです。 愛の強い追い風を受けて、喜びの多い時間を過ごせるでしょう。 「どう応えるか」を考えるよりもまず、相手が手渡してくれたものを丸ごと受け取る、という意識が大事です。

次の

石井ゆかり 公式ブログ

石井 ゆかり 2020 年報

なぜなら、2020年にスポットライトが当たっているのは、主に「活動宮」と呼ばれる星座だからです。 ) いやいやいや、私は占星術で使われてる記号とか知らんし、みたいな人もご安心を。 遠くから宝船が着く。 ですがそもそも自分の意見がない状態で 「人の意見」にだけ耳を傾けていたら、 他人に心を乗っ取られてしまうようなものです。 3月末から6月は、 どちらかと言えば 「やりたいこと」よりも 「やるべきこと」へと 意識が向かうかもしれません。

次の

石井ゆかりさんの年報を読んで考える2020年。|しゅり|note

石井 ゆかり 2020 年報

2020年は、そんな「未来への扉」が 新たに見つかる年となるはずです。 その内容が、恋愛版では月間占い同様「 愛」がテーマに書かれてるんですね。 そして6月末以降、 年明けに跨がって、 牡羊座の人々にとってもっとも華やかな、 熱い時間がやってきます。 旅先で、迷いが吹っ切れるような素晴らしい体験ができそうです。 他には、 幼なじみや兄弟姉妹がキューピッドとなってくれる気配もありますし、 母校を訪ねたり、学びの場に出向いたり、 小旅行に出かけたりすることも、 愛の呼び水となるかもしれません。 そんな折に読み返した年報には「これは私のことでは!?」と思うようなことが書かれていた。 勝負の中でも「味方」に守られる喜びを感じられます。

次の