進撃 の 巨人 126。 最新ネタバレ『進撃の巨人』126

進撃の巨人・第126話「矜持」考察

進撃 の 巨人 126

まだライナーのことを許したわけではないようです。 出産を終えたあと、元気な姿を見せてくれることを期待します。 弱気な女ハンジの告白がありましたが、リヴァイいつもどおりの叱咤激励。 ミカサに対する強い憧れと エレンの創る世界への期待があふれていましたね。 アルミンの決死の行動も心引かれました。 この一瞬の出来事と、この場にミカサがいないことにフロック呆然。

次の

進撃の巨人ー12話の2人の人影‥やはり伏線の可能性??

進撃 の 巨人 126

そもそも、自分を信じてくれている、こんないい子を食べさせていいだろうか・・・ サシャであればこの葛藤を理解してくれるだろうと、コニーとファルコはラガコ村へ向かっていました。 ここからガンガン行ってほしいなぁ。 その男にとって自分は、戦士になれるかどうかという点でしか興味がなかったのだと。 パイを取りに行っていたヒッチがテーブルに戻る頃には、そこにはアニの姿はありませんでした。 あの出来事が今でもジャンにとって強い影響力を持っていることがよくわかります。 コニーは言います。 その時、マフラーがない事に気づくミカサ。

次の

進撃の巨人ーエレンの目的と真意の考察まとめ(126話時点)

進撃 の 巨人 126

アルミンはコニーが助けてくれるほうに賭けた。 もし叫んだら、喉を切り裂くとジェスチャーしています。 そのエレンが硬質化を解いたことにより長い眠りから目覚めたアニ・レオンハート。 フロック: 「我々は もう自由だ!!」 「解放者エレンと我らイェーガー派によって世界に勝利した!!」 フロックの後ろにはジャンの姿が。 ジャンの不自然な発砲の直後にピークちゃん登場で、『マーレの生き残りと手を組んだ』というのもすぐ思いつきそう。 ハンジ: 「今のは…まさか…エレンが世界を…」「リヴァイ!!」 とハンジがリヴァイの方を振り返ると、リヴァイが起き上がっています。 それは彼女をスケープゴートにした他の奴隷も同じだった。

次の

進撃の巨人ー12話の2人の人影‥やはり伏線の可能性??

進撃 の 巨人 126

それをわかった上で、島民である兵長の『ジークを殺す理由』が『ただの私怨』では、マーレとはちっとも『利害』が『一致』してないんですよ。 ジャンもイェーガー派の幹部となってこの処刑に参加しているのですが、前日にハンジらと極秘に手を組んでいました。 母親に「立派な兵士になれ」と送り出されたのに、子供や友人を殺そう奴になってしまうところだったと後悔するコニー。 となると、エレン以上にジークも関係なさそう。 4年間、話しかけてくれてありがとう。 例えばエレンがジークを裏切っていたとしても・・・イェーガー派が脊髄液でこの島を支配するなら、私達は一生この島のお尋ね者。

次の

【進撃の巨人】126話『矜持』 感想と考察 前編

進撃 の 巨人 126

エルディア人達は手を頭の後ろにまわして、両膝を地面につくよう命令されます。 コニーの涙の叫びは痛いほど理解できます。 なんと、そこにいたのはパイを貪り食うアニだったのです 笑 まさかの再会と、4年ぶりのパイを貪り食うアニの姿を見たコニーは笑っています。 ハンジ: 「車力は何か月も巨人になったままでいられるんでしょ?」「歯磨きとかしないの?」 車力(ピーク): 「…失礼ですよ」「女性に対して」 いつの間にマーレと手を組んでいたのかと問うオニャンコポンに 「昨晩だ」 とジャン。 彼の母を初め多くの人間が殺された。

次の

【進撃の巨人】126話『矜持』 感想と考察 前編

進撃 の 巨人 126

自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。 2人に対して差別的な言葉で罵倒する周囲の兵士たちの態度は、ユミルの民を迫害するマーレの人々のようです。 2020年7月9日 木 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌130のネタバレ最新確定速報をお届けします。 決意の104期 眠っているライナーを蹴り上げるアニ。 イェレナは元々捕獲対象だった? 救助してから、『あ、こいつ使えそう』となった? もし、マーレの命令でイェレナを救助したとしたら、その理由は、 2. 後々の展開はあるのでしょうか。 でも、結末に向けて、自分が思ってたより希望はありそうな感じ。

次の

【進撃の巨人ネタバレ126話の最新確定速報】リヴァイとハンジ生存確定で復活したアニはどう動く?

進撃 の 巨人 126

アルミンの劣等感はまだつづいているんですよ…。 コニーの母親も口を閉じ、捕食されてしまうと思いましたが、アルミンはコニーによってなんとか助けられます。 そして、ゴンと蹴りを入れライナーを起こすアニ、驚いて起きるライナーにコニーは時間がねぇ、早く行くぞと言います。 ジークもジークで『エレンを止める』ことが今の目的になってそうだから、むしろこれ、『自力で死ねないジークが兵長に介錯頼む』状況? 知らんけど。 進撃の巨人126話、一気にバラバラだったキャラ達が一丸となっていく展開を1話でサクッとやっちゃってるの感心する。 その条件を強く望んだのは他ならぬマガトだったのです。

次の