アーク ナイツ ss。 #1 火種

#1 火種

アーク ナイツ ss

ずっと前から見つめていた気もする。 「ふん、それにいつまで立ってるつもりだ、ドクター」 彼女が隣を叩く。 今後の業務に影響するのは間違いないだろう。 やりながら眉間に皺が寄るのを感じる。 興奮で鼻を鳴らしている。 「……ボクの力を高めてくれるなら、病状が進行したって構わないけどね」 黒く染まった大腿部の鉱石から、その手は右腰部に備えた二振りの刀へと伸びる。 さっきまで一つになっていたことをふと思い出し、ふふふと笑う。

次の

#1 おいでませエイヤフィヤトラ!!!

アーク ナイツ ss

もう二度と同じ過ちは繰り返さない。 その確信を得ながら、意気揚々と彼女に語りはじめた。 もう怒らねぇから言ってみろ」 「君のアーツはとてもコントロールし辛い。 「あったまった」 「ああ……そうだな」 「もう起きる」 「不許可」 「なんでよ」 「私が寒いから」 嘘つけ。 「アーミヤ、あまりドクターをいじめてくれるなよ」 「ふぇっ……、わ、私は、ひゃっ」 振り向きもせず、シージはアーミヤの頭をわしゃわしゃと撫でて去っていた。

次の

ただの薬剤師に何ができると?の小説情報

アーク ナイツ ss

自分はロドスのドクターだ。 覚悟をしていても冷たかった。 アーミヤに対してはともかく、僕に対してはそうは思えなかった。 最先端の耐熱素材を使用しつつも良質な着心地を実現した一着。 でも推し含む皆もついて来るなんて……カミサマGJ! なお途中で手のひらひっくり返す模様 この小説は影元冬華様作「一介の人形遣いに何を求めているんですか…」の二次創作です。 レユニオンもロドスも変わらない」 ケルシーの前に立つ。 「何を笑ってんだこんにゃろ」「お前が嫉妬めいたことを言うのは珍しい」「珍しかったらなんだ笑っていいのかコラァ」「いいや、ただお前の知らない顔を見るのは、いつだって嬉しいものだからな」はいはい完敗。

次の

【アークナイツ】オペレーター紹介 ブレイズ(煌 Blaze)

アーク ナイツ ss

「ごめんて。 「それに、今のロドスには術師がいないわけではありません。 これで何人目だろうか。 これが戦闘中敵に見せる顔なのだとしたら、決して敵には回りたくはない。 「アハハ! まさかキミの方から来てくれるなんて。 ウルサスのチェルノボーグで目覚めて以来、今のところ戻る気配はない。

次の

【アークナイツ】イフリータ専用コーデ「サンライトpestproject.orkin.com」紹介! 火の扱いならお手の物!

アーク ナイツ ss

早く戻りましょう」 そう、彼女は感染者達の希望であり、ロドスの旗頭。 優しく肩を叩いて机から立つように促した。 とりあえず、肩甲骨の下あたりに右手を置く。 「いやいやどうしてさらしまで取るのさ……」 「どうしてって、そりゃドクターが確かめやすいようにだよ」 真っ白な背中を見せたまま、彼女は事も無げに答える。 ロドスには彼を慕う者が多い。 まるで強い力に縛られているみたいだった。

次の

3╛╧/3

アーク ナイツ ss

ペースが彼女に取られそうだ。 踏み込んで、一気に彼我の距離を詰める。 「死ねッ!」 大振りの斬撃が二つ。 それも全て彼のせい。 オペレーターはもちろんのこと、出入りの業者や事務方の職員にも情報提供をお願いした。

次の

【アークナイツ】リセマラ当たりランキング(最新版)

アーク ナイツ ss

先の貿易所とは違いここでは源石を取り扱う業務が中心であり、細心の注意を払って作業が行われていた。 イフリータの申し出は有難い。 自分の衣服にも紙片が付いてしまった。 ぐちゃりと、不愉快な音がハンマーを通じて伝わってくる。 こっちが本題だ。 割合としては炭酸が多めだけれど。 それじゃ」 目的の相手がいないことを察知し、ラップランドは素早く出口へ向き直る。

次の