吉本 興業 契約。 【吉本興業】「エージェント契約」って何?従来の「マネジメント契約」との違いは?

吉本興業、“エージェント契約”の説明会が闇すぎて「何も変わってへんやん」の声

吉本 興業 契約

吉本興業とタレントには契約書がない! ワイドショーに出演中の吉本興業所属の人気芸人の発言などから、 吉本興業とお笑い芸人(タレント)の間では 契約書がないことが度々話題になっていました。 ちょうど、吉本興業所属タレントの西野氏が、 基本的に『契約』というものは、契約書を交わさなくても、「口約束」でも成立します。 (引用:スポニチアネックス) 千原ジュニアさんがいうように、今後本当に同じようなトラブルがなくなり、悲しい思いをする人が減ることを願いたいですね! 最後までお読みいただきありがとうございました^^. 「独禁法違反」の可能性も 吉本興業の会議室の壁にかけられた額縁。 下請法が適用される場合は、「発注書面の不交付」自体が違反となるが、優越的地位の濫用については、「不当な不利益」という「実質的な被害」がなければならない。 雇用契約となればもちろん、国が定める最低賃金は保証される。 6000人ともいわれる吉本芸人全員に十分なトータルマネジメントをおこなおうとすると、吉本興業の経営そのものが破綻する可能性もあります。

次の

千原ジュニア 吉本興業が契約書交わすことは「絶対にない」 過去のエピソードで理由を解説― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉本 興業 契約

どういった仕事をしたいのか、週にどれくらい働きたいのかといったことをタレント自身の裁量で決めることができる「専属エージェント契約」の導入は、これまでの芸能界においても画期的な決断となるだろう。 しかし、宮迫氏らには、問題を起こした個人としてどのように対応するのか、ということに関して、個人としての考え方がある。 。 これをベースとして、芸能活動の仕事の獲得・契約交渉の締結などに加えて、タレントのスケジュール調整なども管理していく「専属マネジメント契約」に加えて、マネジメント契約の中からスケジュール調整などといったマネジメント部分を除き、会社は仕事の獲得や契約交渉を主に行い、タレントが個人でマネジメントをする「専属エージェント契約」も導入する方針であることを、川上座長が明かした。 しかし、ギャラが安いために、会社を通さない営業(後述するように、大崎氏は、そのような会社を通さない営業を、会社として容認していたと述べている)を行わざるを得ず、そこでは「反社チェックというコンプライアンス対応」は個人としては十分に行うことができない。

次の

千原ジュニア 吉本興業が契約書交わすことは「絶対にない」 過去のエピソードで理由を解説― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉本 興業 契約

以降、甲子園ボウルの優勝は12回を数え、2002年にはライスボウルも制覇し、大きな話題を呼びました。 契約の内容と対価の関係が明確で争いが生じる可能性が低いため、契約書を作成する必要性も低いからだ。 日本の芸能事務所で専属エージェント契約を導入するのは初めて。 そんな会社がコンプラうんぬん言うのはおかしい。 ダウンタウンなどで結成された吉本芸人ユニットRe:Japanの『明日があるさ』に乗せ、 「みんなのためになるならと エージェント制度を提案し みんなやると 思っていたら、気づけば俺1人」と自虐的に歌ったのだ。

次の

吉本興業「全タレントと書面契約」に、他の芸能事務所から「本当にいい迷惑」と非難轟々

吉本 興業 契約

撮影:今村拓馬 現在はほとんどの芸人と契約書を交わしていないが、吉本興業側は口頭で「専属マネジメント契約」を芸人と結んでいると主張している。 」「公の場で契約書がないことまで明らかになっていて、当局がなにも調べずに終わるということは考えにくい。 ギャラが安いからと言って、自ら犯罪に手を染めるかと言えば、ほとんどの人間は、それはやらない。 交渉でもなんでもないやん。 川上氏の説明によれば、このマネジメント契約は、会社側が次のような業務を担う。 そういう意味では、「安いギャラ」が一つの要因となって、今回のような問題が起きた側面があることは否定できない。 日本エンターテイナーライツ協会(ERA)共同代表理事。

次の

吉本興業のタレント契約解除騒動に思う契約の証拠化とフレキシビリティ

吉本 興業 契約

そして、これまで世の中に存在しなかった選択肢というのは、当然、旧式の契約書で対応できるものではなく、その時、所属事務所と契約書を交わしてしまっていたら、そのアクションを諦めるか、もしくは、事務所全体の契約内容が更新されるまで待たねばなりません。 「吉本と芸人との取引」が下請法の対象外? まず、「吉本と芸人との取引」が吉本興業の資本金の関係で下請法の対象外ではないかとの指摘についてであるが、確かに、下請法2条7項では、資本金1000万円を超えることを「親事業者」の要件としており、資本金1000万円の吉本興業も、商号変更前の「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」も、下請法の「親事業者」には該当せず、同法3条の発注書面交付義務を負わないようにも思える。 のような電子契約を使って、契約をデジタルに・小分けにすることで、状況に応じて両当事者で修正や変更の合意途中途中で積み重ねながら、同時に証拠化もしておく発想もあってもよいでしょう。 実態として芸能事務所との間に使用従属関係があり、労務の提供に対して賃金が支払われているとみなされれば、労働基準法9条に定める労働者としての保護を受けることになります。 芸人たちが社会のルールを守らなかったことで受けた制裁を、会社の問題にすり替えるなんて、おかしな話ですよ」(芸能事務所幹部) また、テレビ局関係者も言う。 吉本の体質こそ大問題。

次の

吉本興業、関学大アメフト・鳥内秀晃前監督とのマネジメント契約締結を発表!

吉本 興業 契約

さらに、マネージャーが営業やスケジュール管理などを一貫して担う従来の「マネジメント契約」や、新たな「エージェント契約」を導入し、仕事量など各芸人の事情に応じた契約を交わすという。 両者は、利害が対立する契約の当事者である。 芸能界全体の慣習に行政のメスが入れば、これまできっちりとクリーンにやってきた事務所と、そうじゃない事務所が浮き彫りになって、これまでの力関係が大きく変化するかもしれません。 」と述べ、今後も契約書は作成しないと明言しているのである。 大崎会長の発言のとおりだとすると、宮迫氏らが個人として早期に世の中に説明責任を果たしたいと思ったとすれば、その意思は尊重されるべきであった。

次の