名鉄 3100 系。 名鉄3100・3700系|FTN pestproject.orkin.com

名鉄3300系電車 (3代)

名鉄 3100 系

前年に落成したに準じた変更がなされ、運転台の設置や主幹制御器の右手操作型への変更、100系でも採用されている発車予告ブザーの設置、車外スピーカーの設置がされているほか、新製時より転落防止外幌を装備する。 2015年8月22日閲覧。 「私鉄DATA FILE 私鉄車両のうごき(2017年7月1日-9月30日)」『鉄道ダイヤ情報』第405巻、交通新聞社、2018年1月、 105頁。 ただし、そのような混乱期においても大半のクロスシートは存置され 、また本系列独自の車体塗装や保守面で難が指摘された下部スカートもそのままとされた。 57 - 60、• その後3401編成はへ回送されたのち、同年9月30日付 で除籍され、本系列は全廃となった。

次の

【グリーンマックス】名鉄3100系・3700系(1次車)2020年9月以降発売

名鉄 3100 系

2両編成化当初は他のAL車と共通運用されたが、1989年(平成元年)7月15日のダイヤ改正より別運用が組まれ 、・・など犬山地区の支線各路線において運用された。 表示内容は種別・行先案内や次駅案内と言った基本の内容から、画像のようなスピードメーター、沿線案内、果ては中日新聞ニュースまで内容は豊富。 - 名鉄車両博物館• 電気指令式ブレーキの採用で、名鉄の車両としては初めて一つので加速・減速操作を行うワンハンドル式が採用された。 2015年8月22日閲覧。 , pp. 2019年6月7日閲覧。

次の

名鉄3100系|編成別写真集

名鉄 3100 系

は当初であったが、のちにこの3次車の全車両がに交換され、以後の新造車両では標準装備となった。 2015年8月22日閲覧。 乗務員設備 [ ] 故障時の迅速な対応、検査時の作業効率の向上等をねらい、( TICS : Train Information Control System) を名鉄車としては初めて採用している。 日本車輛製造 『日本車輛製品案内 昭和5年(NSK型トラック)』 日本車輛製造 1930年• 2019年度の新造は4両編成のみとしたが、中間車編成を抜いた各先頭車2両による2両編成の構成も容易な設計となっている。 151 - 167 関連項目 [ ]• そして行方不明のラインデリアですが、右写真の隅に見えるように扉付近にのみ設置しています。

次の

名鉄車両博物館:3700系・3100系

名鉄 3100 系

3100系は特急の増結から支線の普通まで、3700系は急行や普通で活躍しています。 伊藤昭・伊藤威信 「1950 - 51年撮影 名古屋鉄道のアルバムから」 2009年3月臨時増刊号(通巻816号) pp. 参考文献 [ ]• 運用 [ ] 通常は小牧線・上飯田線の平安通駅 - 犬山駅のみの運用であるが、時の回送や試運転ではやを走行するほか、性能確認のため(犬山駅 - 新可児駅)で試運転を行うことがある。 の出力は名鉄車両標準の170kWだが、本系列から押込ファン方式の自己通風形とした(1次車:三菱製MB-5095-A、2次車:東洋電機製TDK6382-A)。 しかし、本格的な高速鉄道向けの鉄道車両における連接構造の採用は当時の日本国内においては前例がなく 、本系列を連接車として設計することについて担当部署のより慎重な見解が示されたことも記録されている。 側面窓配置は3 D 9 D 3で、モ3400形・ク2400形の運転台側に相当する部分をそのまま連結面側の窓配置に置き換えた構成である。

次の

名鉄3100系|編成別写真集

名鉄 3100 系

0 t。 設計上は2. 2003年3月27日のダイヤ改正以降は、前日限りで定期営業運転を終了したに代わってで2両単独で運用されていた。 「パト電」という愛称もある。 また冷房装置の変更 冷却能力向上 でクーラーキセの形状が変わったほか、パンタグラフにはシングルアーム式を初めて採用した。 車体 [ ] 名古屋市交通局との直通規格に合わせ、100系・200系以来の20m4扉となった。 パトトレイン - 春より1年間、による防犯PRのため3701Fと3106Fに風のラッピングが施された。

次の

名古屋鉄道3100系画像ファイル一覧 [AGUI NET]

名鉄 3100 系

1次車 3501F—3504F よりなどに暫定的に投入されていたが本来の使用目的である()へのに充当されることになったため、その代替用として1993年からにかけて4編成16両が製造された。 2019年から300系タイプのモケットへの更新が進められた。 車内は300系同様にロングシートとクロスシートの交互配置としている。 0t(3150系) 全長 先頭車 18,900 mm 中間車 18,830 mm 全幅 2,744 mm (外板間 2,730 mm) 全高 屋根高 3,600 mm 冷房装置上面 4,016 mm パンタグラフ折畳 4,055 mm 駆動方式 5. 2019年6月には一部の編成が2200系特急車に準じた塗色に変更され、主に特急列車の増結用として使用されています。 ポケモンキャンペーン [ ] ポケモン映画とのタイアップやイベントの一環として、2007年から2016年までやとともにラッピングが行われた。 扉上部にはとが千鳥配置されている。 種別・行先表示 急行・豊橋)、車両番号、Mマークロゴは印刷済み• その他、両形式ともを併設する。

次の