世界 は ハッピー エンド で でき て いる。 世界はハッピーエンドでできている

世界はハッピーエンドでできている / 下西屋

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

気に入っていただけて嬉しいです。 特に、夢を追う喜びや挫折を経験した方には、あたたかく響くのではないでしょうか!正義とは、夢とは、美しさとは、働くとは。 あ、あと私は電子版と書籍版どちらも持っているのですが、書籍版 現在は某「漫画やアニメに強いショップ」さんでしか発売していないようですが には電子版未掲載の物語の四コマなどが複数掲載されているので、書籍版もおすすめしたいです。 ・ゆうメールにて配送、送料は350円となります。 書籍をご購入いただくには再度の予約が必要となりますのでご注意ください。

次の

『世界はハッピーエンドでできている』3巻 紙書籍発売&無料話増量!!

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

求婚者はことごとくオタのお題の壁の前に敗退していきます。 大変申し訳ありません。 。 当時は気づかなかった主人公や脇役たちのそれぞれの立ち位置が当然ある訳ですが、このお話はとても優しい世界で心が温かくなりました!もちろんただそれだけではなく、ハッとさせれる部分や少しの悲哀、静かにジワリと胸に迫る感動も有り・・・所々で泣きました。 道理で「あの話」だけすごくリアルだった訳です。 そしてそれがそのまま作者の頭の中というのも珍しい。

次の

世界はハッピーエンドでできている

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

5 2 けろ 一つ一つの話も好きなんですが、全体通しても大好きです。 その中のセリフで「私が愛するのはキャラクターの精神性とキャラ同士の関係性、あとは好み…」と簡潔に明かしています。 それなのにちゃんと元の話のイメージがあるのが面白い。 >匿名さん(1月28日) ご指摘ありがとうございます。 後編に続きます! 前回はたくさんの方が拙作を読んでくださって、また、暖かい感想&お祝いコメントをいただけてとても嬉しかったです。 最終巻に向かうにつれて、ちょっと本筋からの逸脱 というか、オマージュやパスティーシュではなく、オリジナル路線が強めになってくると言うべきか が多めなのは「創作」を行う上では必然なのでしょう。

次の

世界はハッピーエンドでできている【フルカラー・電子書籍版限定特典付】

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

読んでくださってのお気づきいただけるの、とてもありがたいです。 コメントのお返し> ・犬が… >幸せにするのを失念しておりました…。 性癖の吐露はそれ自体自爆なのできつかったのでしょう。 小さな私たちはそこから色々な感情を育んだと思われます。 軽い気持ちで読んだのに、とても四コマ漫画の読後感ではない深い充足を感じています。 しかも、ご親切なことになんと作中にその答えがネタとして挙げられている。 それは本当に「ハッピーエンド」なのか?自分が不幸でないことが、すなわち幸福か?犠牲となるものへの感受性を鈍らせても?そんな、目を背けたい問いかけを、この作品はやわらかな笑いに包んでぶつけてくれていると思います。

次の

世界はハッピーエンドでできている

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

これはこれで腐りっぷりが香ばしい。 そんな昔話を大胆に読み替えた本作はまさに昔話の二次創作です。 憧れやドキドキワクワク、切なさや悲しみや涙。 改めて誰も不幸にならない西遊記での再登場をお待ちください。 なるほど、それがこの作品の面白さの骨組みを支えているのかと納得。

次の

世界はハッピーエンドでできている / 下西屋

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

心を熱くするたくさんの名言が、ちゃんと「楽しい」テンポでスッと入ってきます。 ・予告の少女と執事について >二人はベスチャレ時代に登場済みのキャラクタですが、前から読んでくださっている読者さんが新しい読者さんに気を遣ってくださっているのが大変ありがたいです。 元の片りんは登場人物の名前と属性だけと言っても良い。 つまり、代わりに不幸になる誰かを犠牲にして。 個人的には赤鬼さんの幸せな話 泣いた赤鬼、とか?? が読めなかったのが残念ですが…。 竹取物語の改変作品ではヒロインのかぐや姫は薄い本に燃える同人作家。

次の

世界はハッピーエンドでできている / 下西屋

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

しかしこれを突き崩したのが時の帝。 無料話公開キャンペーン開催!! アニメイトオンラインにてWEBサイン会(抽選)開催決定!! 2016. 本当にありがとうございます。 ただ、作者自身が一番目立つところで堂々とネタバレしておりますので(後で気づいた)、どうぞあまり「こうしなきゃ!」と思われずご自由にコメントいただければと思います。 最終6巻は情報過多で混乱しつつ読む場面もありましたが、最後の年表を見て腑に落ちました。 自分に依らない物語なので安心してその感情を享受したり、そうかと思えば本気で怒りを覚えたり。

次の