あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展。 74%が反対「慰安婦少女像」の芸術祭展示問題アンケート結果発表

#報道の不自由展:河村市長の座り込みプラカードを映さない・昭和天皇の御真影焼却に触れないメディアたち

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

菅官房長官、記者会見で「『あいちトリエンナーレ』は文化庁の補助事業として採択されている。 公の施設としての美術館 地方自治法 第十章 公の施設 ( 公の施設) 第二百四十四条 普通地方公共団体は、住民の福祉を増進する目的をもつてその利用に供するための施設(これを 公の施設という。 一方で、「いかに下劣で反吐がでるような表現であっても、表現の自由は守られるべきです。 そして一通り展示を見た私に残った印象は、政治性よりも「非現代性」とも呼べそうな、その表現様式だった。 「平和の少女像」は、韓国の彫刻家夫妻が制作した。 「!」 「!」 「!」 と声高々に糾弾していました。

次の

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」をめぐって起きたこと――事実関係と論点の整理(明戸隆浩)

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

津田大介は、こういった違いを無視して、まるで 「本来なら民間が出版等を自由にできるはずなのに行政が圧力をかけてきた」というような場面と混同させている のです。 その素朴さが「民衆美術」として親しまれ、広まり、あるいは政治的に利用されている理由なのだろう。 以上 Nathannate. タイトルの通り、バイト先である香港式の中華料理店で日本人の社長から「中国のもの食わないから」と言われて渡されたというお菓子を作品にしたものだが、五美大展では「腐敗の怖れあり」との理由でお菓子を包んだ個包装の展示が却下された。 企画展が中止となる前日の3日、動画を流すモニターの前には人だかりができ、来場者が顔をしかめたり、スマートフォンで撮影したりする姿もみられた。 不自由展に隣接するアメリカのCIR(調査報道センター)の展示室は照明が消され、モニターが撤去されようとしていた。 これは「事件」なのです。

次の

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」問題 あえて「前向き」に考えてみる(THE PAGE)

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

「政治的な理由による排除」を可視化するために さて、以上基本的に「表現の自由」ということを中心に書いてきた。 愛知県の大村秀章知事によれば、「電話回線を増やし、担当職員も増員して対応に当たらせたが、脅迫、恫喝が減ることがなく、さらには電話対応した職員の名前を聞き出し、ネットに晒して誹謗中傷した」事例まであったとのこと。 だから、もし仮に「表現の不自由展」が 「的な展示だったから」 という理由で中止されたとしたら、それは 「 表現の不自由展」のテーマにまさしく沿った形の 人権蹂躙と言えるでしょう。 しかし、開始からわずか3日で中止するとは到底信じられません。 これを受けて「週刊文春デジタル」では展示中止公表当日の8月3日 土 から8月5日 月 まで、緊急アンケートを実施。 キュレーターとは、展覧会の企画などを行う専門職。

次の

「表現の不自由展」何が問題だったのか~検証委員会第2回会合を傍聴して(江川紹子)

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

彼らがすべきことは、全力で恐喝犯を逮捕することです。 もう取り返しは付きませんね。 そして現在も態度を改めない。 そもそも「芸術とは何か」という命題について、多くの方が誤解しているように感じます。 強制連行の有無等について政府見解と韓国の見解に対立があるとしても、慰安婦制度、そして慰安婦にさせられた結果、少女たち女性たちがいることは歴史的な事実である。 )を設置する。 9月5日。

次の

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」、地元で抱いた違和感と危機感(関口威人)

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

今回は、そんな「あいち」の騒動の原因となった 「表現の不自由展」 について書いていこうと思います。 今回は、「表現の不自由展」で扱った作品の「その後」に加え、2015年以降、新たに公立美術館などで展示不許可になった作品を、同様に不許可になった理由とともに展示する。 それを直接言ってくれればこちらも意図を説明するなどのコミュニケーションができた。 今の私たちが当たり前に生きているこの世界は、実はそのようにして切り開かれてきた 「 昔の非常識」があふれる世界です。 8月15日。

次の

愛知トリエンナーレ「表現の不自由」展 ~そして当事者がいなくなった?

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

考えれば誰でも分かることなのですが、 今回の騒動で最も批判を受けるべき者、最も断罪されるべき者とは、一体誰でしょうか? そうです。 特に、戦前に表現の自由が弾圧されたまま、多大な人命の犠牲を国民に強いる戦争へと突き進んだ過去への反省にたち、 日本国憲法では表現の自由に対する保障は優越的地位を占めるものとして最大限尊重されることとなっている。 私もマスメディアの報道(新聞・通信社のWeb媒体のみ)を確認してみましたが、この点について報じている所は非常に少なく、報じていても捏造慰安婦像=少女像をメインに報道していました。 今後、アートで『表現の自由』というテーマを扱う時には、もっと今日的な、我々の社会に意味のある形でやってほしい」 そうした視点で見れば、今回の出来事は、美術展のあり方を巡るトラブルというに留まらず、知らず知らずのうちに一定の方向に誘導されたり駆り立てられたりしかねない、現代の情報環境の危うさを映し出す事件でもあったのではないか。 それは完全に隠語で何を言ってるか想像がつく人は、朝鮮語が分かる人はおそらく想像ができるけど、あれは在日たちを悦ばすための映像。

次の

論争呼ぶあいちトリエンナーレ 焦点の「表現の不自由展・その後」には何が展示されているのか: J

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

何より、圧力によって人々の目の前から消された表現を集めて現代日本の表現の不自由状況を考えるという企画を、その主催者が自ら弾圧するということは、歴史的暴挙と言わざるを得ません。 この企画展では、トリエンナーレ実行委員会が個々の作家と契約を結ぶのではなく、「不自由点」実行委を「一作家」とみなして契約している。 文化庁の担当部署によると、決定は愛知県の中間報告が出るタイミングを見計らったが、その内容を反映したものではなく、決定に関わる調査などはすべて文化庁内で対応したそうです。 一方で、芸術監督の津田大介氏や不自由展の実行委員会がキュレーターの作品選定までを検閲だと主張するのは「検閲の超・拡大解釈」(上山信一副座長)だと指摘。 キュレーターチームが関与せず では、なぜこのような展示になってしまったのだろうか。

次の

「表現の不自由展・その後」 中止の波紋

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

事実、どんなに クソみたいな作品や 暴力的な言葉や ドエロい絵画だったとしても、がある限り誰にもそれを遮る道理はありません ( 「 公共の福祉」に反しない限りは)。 私たちは、あくまで本展を会期末まで継続することを強く希望します。 問題とされる作品は現在のところ2つあります。 なぜもっと早く詳しく公開できなかったか なぜもっと早く展示内容の詳細を公表できなかったのだろうか。 その正体は何なんでしょうか?うまく言葉にできませんが、すべてにおいて「 雑な感じ」がするせいかもしれません。 出典: という。

次の