立川 市 ハザード マップ。 三鷹市 |三鷹市浸水ハザードマップ

土砂災害・地震等に関するハザードマップ

立川 市 ハザード マップ

水害・土砂災害警戒マップは、平成14年から平成28年までの 水害通報の状況、 土砂災害警戒区域(埼玉県指定)、 土砂災害・洪水の際の指定避難場所・指定避難所を表示しています。 入間市防災マップ(地区別)•。 東京都内の各区市町では、都市型水害対策連絡会が公表している浸水予想区域図や東京都又は国土交通省の各河川事務所が公表している洪水浸水想定区域図を基に、洪水ハザードマップを作成しています。 (消火器などは撤去や新設があるため、現在の状況とは異なる場合があります) 砂川編作成まで 平成25年度は錦町地区・幸町地区・砂川地区を防災モデル地区として指定し、平成26年度までの2箇年で「避難誘導」や「避難所運営」に関する具体的な検討を行います。 当店では、引き続き、地域の皆さまが非常事態に備えられる環境作りのお手伝いをしようと、ハザードマップを配布しています。

次の

入間市防災マップ(市全体・地区別)|入間市公式ホームページ

立川 市 ハザード マップ

その他、災害用伝言ダイヤルなどについても別途掲載しています。 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 令和元年5月改訂• 避難所• 立川市防災マップ(地域編)とは 主に町ごとに作られた防災マップです。 2メートル以上を表示から 0. 下表にハザードマップを公表している自治体及びそのリンクとハザードマップの基となっている図を掲載します。 なお、区市町によっては、基にしている図によって、複数の洪水ハザードマップを作成している自治体もあるため、対象となる自治体の全てのハザードマップを確認するようにしてください。 浸水想定区域等は、指定時点の多摩川の河道の整備状況等を勘案して、想定最大規模降雨に伴う洪水により多摩川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したものです。 また、市役所2階防災課窓口、各連絡所(錦、富士見、西部、東部)でも配布しています。 三鷹市総務部防災課(元気創造プラザ5階)• 指定の根拠法令 : 水防法 昭和 24年法律第 193号 第 14条第 1項• 作成主体 : 国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所• ハザードマップ~災害に強いまちづくり~ 渋川市洪水ハザードマップ 渋川市洪水ハザードマップについては、から 関連情報案内. 4」の地震が発生した場合の 市内の震度予測と、 火事・地震の際の指定緊急避難場所・指定避難所を表示しています。

次の

府中市水害ハザードマップ 東京都府中市ホームページ

立川 市 ハザード マップ

6月7日発行の「広報みたか」と合わせ、更新 した浸水ハザードマップを全戸に配布しました。 総雨量690ミリメートル 時間最大雨量153ミリメートル この地図は、以下の東京都作成の浸水予想区域図を武蔵野市に関してまとめたものです。 立川支店の平識です。 市内の震度分布• 立川市防災マップ(地域編砂川地域) 防災モデル地区推進事業により、立川市防災マップ(地域編)を作成しました。 ぜひお役立てください。 そこで本市では、多摩川の洪水によって引き起こされる水害のリスクや、河川が氾濫しそうになったとき、あるいは氾濫したときに、どうやって危険を察知したらよいのか、また、どうやって命を守る行動につなげていくのかといった水害に関する知識を、地図やイラストで解説した「府中市水害ハザードマップ」を作成しました。 このマップでは、立川断層が活動し「マグニチュード7. これによると、「立川断層」が活動した場合に発生する地震が、入間市に最も大きな被害をもたらすものと予測されました。

次の

防災情報マップ及び浸水ハザードマップについて|武蔵野市公式ホームページ

立川 市 ハザード マップ

全5回のワークショップにより地域の点検を行い、立川防災マップ【砂川編】、地区周辺防災マップを作成しました。 あらかじめ、家族で避難先や安否確認方法を相談しておきましょう。 下記よりダウンロードして、ご活用ください。 表示する浸水深さ 0. 不動産売買等に係る重要事項説明に使用する場合は、本ハザードマップだけではなく、必ず最新の指定状況をご確認ください。 地図については、皆様にわかりやすいように白地図ではなく航空写真を使いました。

次の

入間市防災マップ(市全体・地区別)|入間市公式ホームページ

立川 市 ハザード マップ

下記添付ファイルよりダウンロードしていただけますので、ぜひお役立てください。 (ただし、土砂災害ハザードマップについては土砂災害(特別)警戒区域がある、富士見町、柴崎町、錦町のみ) 今後、立川市へ転入された方には、市民課と窓口サービスセンターで配布します。 さらに、昨年9月には堤防が決壊して流れ出した氾濫流が、木造家屋を押し流したり、倒壊させたりするおそれがある範囲を示した「家屋倒壊等氾濫想定区域図(氾濫流)」と氾濫流によって護岸や土地が侵食され、建物が流失したり倒壊してしまう範囲を示した「家屋倒壊等氾濫想定区域図(河岸侵食)」を公表しました。 指定の前提となる降雨 : 多摩川流域の 48時間の総雨量 588ミリメートル 関連情報. 入間市防災ガイドブックは、市役所3階市政情報コーナー、市役所3階危機管理課、各支所で配布しています。 指定年月日 : 平成 28年 5月 30日• 都庁第二本庁舎 6階 東京都建設局河川部計画課(新宿区西新宿 2丁目 8番 1号)• また、洪水ハザードマップは、多摩川などの河川が氾濫した際の浸水想定区域等を掲載し、どの地域に浸水のおそれがあるかを示しています。 浸水ハザードマップ この浸水ハザードマップ(前:浸水予想区域図)は、想定最大規模の雨が武蔵野市域に降った場合について、東京都が作成したシミュレーションをもとに予測される浸水の区域と最大の水深を示したものです。

次の

立川市防災マップ(地域編砂川地域)

立川 市 ハザード マップ

なお、雨の降り方や道路、下水道の状況などによって、必ずしも浸水想定(予想)区域や土砂災害(特別)警戒区域の想定どおりに浸水、土砂災害が起こるとは限りません。 土砂災害(特別)警戒区域• 関連リンク• 注記1:在庫に限りがありますので、市外の方及び業者の方には原則として配布しておりません。 (通信環境により表示に時間がかかる場合があります)• 注記2:府中第五小学校(本宿町1-51)及び府中第十小学校(若松町4-29)は令和元年9月26日に土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定されたため、土砂災害のおそれがある場合には指定緊急避難場所(洪水)としての使用はいたしません。 洪水ハザードマップの基となっている浸水予想区域図・浸水想定区域図 各区市町のハザードマップの基となっている、浸水予想区域図及び浸水想定区域図は、下表のリンクから確認することができます。 告示番号 : 国土交通省関東地方整備局告示第 218号• 土砂災害防止法が改正されたことに伴い、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域が公表されたため、平成28年3月に土砂災害をメインにしたハザードマップを作成しました。 更新日:2020年5月15日 国土交通省は新たに、想定される最大規模の雨が降ったことにより河川が氾濫したら、どの程度町が浸水してしまうのかシミュレートした浸水想定区域図を昨年5月に公表しました。 また、本文については、文字よりも絵を多用し、理解しやすい言葉で表現することにより防災を身近に感じていただけるように構成したほか、クイズのページを設けることで、学びながら防災意識を持っていただけるように工夫しました。

次の

立川市防災マップ(地域編砂川地域)

立川 市 ハザード マップ

1メートル以上を表示へ変更 ) 三鷹市浸水ハザードマップ 三鷹市全体(PDF)• 立川市防災・洪水ハザードマップ 立川市携帯ホームページ 立川市防災・洪水ハザードマップ 立川市では、立川市防災マップと立川市洪水ハザードマップを発行しています。 水害の表示については、入間市が受けた通報等の災害発生の情報をもとに、床上浸水・床下浸水・その他の水害の状況を国の定める標準地域メッシュに従って表示したものです。 平常時にあらかじめハザードマップの確認、ダウンロードを行ってください。 All Rights Reserved. 立川市土砂災害ハザードマップは土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域等を掲載し、土砂災害の危険性が高い地域を示しています。 浸水の予想される区域や程度 浸水の予想される区域やその程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川や下水道の整備状況などにより変化することがあります。

次の