ゴースト ルール 歌詞。 ゴーストルールのタイツォンが歌っていたやつの歌詞をください...

DECO*27

ゴースト ルール 歌詞

卑怯だって、どんな手を使ってでも自身を正当化させようとします。 それでも前に進んで、君との関係を続けてみたんです。 5 96. 奪ったように見えて奪われている」 基本的に周囲に害をもたらすということは、 何かを奪うことと繋がります 略奪はモノですし、騙すは心を奪い、嘘をつけば結果的に相手から時間も資金も奪えます しかし、奪ったように思っていても実は自分から何かを奪われている 端的に表すと「信用」でしょう 理由は後ほど。 ひいらぎの解釈 NOだというはずだったのに、問いかけられてYESと言ってしまった 後悔したって、騙した方が正義なんだって言い訳して 卑怯だっていいんだ、祈っておいてそれはないでしょ 饒舌なふりして着飾っていたけど、その饒舌がアダとなって焼けてしまう様だ 僕はマボロシの存在。 [ad] メーデー 僕を暴いてよ もう直終わるこの世界から メーデー 僕と踊ってよ 最初からイナイと理解ってた?. 嗚呼 aa... 僕は嘘をついています。 負い目どこまで 灰色 被害者ヅラしたって ひいらぎの解釈 メーデー 僕を叱ってくれよ 正直者でいて夢を見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうから 僕が亡霊だって知るんだよ 僕が空白だって知るんだよ 僕は救難信号を出しながら、叱って欲しい、裁いて欲しいと願います。

次の

DECO*27

ゴースト ルール 歌詞

それでいて、その嘘を裁いて欲しいと。 1 97. マボロシ maboroshi だって datte 知 shi るんだよ rundayo 嘘憑 usotsu きだって kidatte 知 shi るんだよ rundayo Wow uou... しかしながら後悔したって意味はありません。 マボロシだって 知 しるんだよ 嘘憑 うそつきだって 知 しるんだよ Wow ウォウ... どうだっていい 言 ことを 嘘 うそって 吐 はいて 戻 もどれない 時効 じこうなんてやってこない 奪 うばったように 奪 うばわれて 今日 きょうだって 叶 かなわない 思 おもったように 騙 だませない 腐 くさっている 僕 ぼくには 腐 くさったものが 理解 わからない おいでココまで 捨 すてい 「 隠 かくして 仕舞 しまったんだ」 メーデー 僕 ぼくと 判 わかっても もう 抱 だき 締 しめなくて 易々 いいんだよ メーデー 僕 ぼくが 解 わかったら もう 一度 いちど 嘲笑 わらってくれるかな マボロシだって 知 しるんだよ 嘘 うそ 憑 つきだって 知 しるんだよ ネェ NOだって 言 いう 筈 はずが キョドってYESを 声 こえに 出 だす 後悔 こうかいの 脆弱 ぜいじゃくは 騙 だましたほうが 正義 せいぎなの 卑怯 ひきょうだって 構 かまわない 祈 いのっておいてそれはない 飾 かざっていた 饒舌 じょうぜつが 墓穴 ぼけつを 掘 ほって 焼 やける 様 さま 負 おい 目 めどこまで 灰色 グレー 被害者 ひがいしゃヅラしたって メーデー 僕 ぼくを 叱 しかってよ 正直者 しょうじきものが 夢見 ゆめみたいなら メーデー 僕 ぼくを 裁 さばいてよ 最後 さいごまで 甘 あまえてしまうのは 亡霊 ぼうれいだって 知 しるんだよ 空白 くうはくだって 知 しるんだよ ネェ 足 たりないものを 望 のぞんだら 僕 ぼくじゃない 僕 ぼくに 出逢 であったよ それでも 前 まえに 進 すすんだの クラクラしちゃう 夜 よるも 足 たりない 僕 ぼくを 愛 あいしてよ EGO-MAMAが 僕 ぼくを 育 そだてたの きみには 僕 ぼくが 見 みえるかな 孤 こ 毒 どくなピエロが メーデー 僕 ぼくと 判 わかっても もう 抱 だき 締 しめなくて 易々 いいんだよ メーデー 僕 ぼくが 解 わかったら もう 一度 いちど 嘲笑 わらってくれるかな メーデー 僕 ぼくを 叱 しかってよ 正直者 しょうじきものが 夢見 ゆめみたいなら メーデー 僕 ぼくを 裁 さばいてよ 最後 さいごまで 甘 あまえてしまうのは メーデー 僕 ぼくを 暴 あばいてよ もう 直 じき 終 おわるこの 世界 せかいから メーデー 僕 ぼくと 踊 おどってよ 最初 さいしょからイナイと 理解 わかってた? そうしてくれたら、正直者でいて夢を見れるから。 訴えかけてくる感じがすごい。 コンコン 優 やさしくノックして 乗 のり 込 こめ ココロの 奪還戦 だっかんせん 妄想 もうそうばかりが フラッシュして 加速 かそくするパルス 答 こたえはどこだろう さあさあ 弱音 よわねはミュートして くだらないことで 躊躇 ちゅうちょして 冗談 じょうだんばかりね?あっはっは 壊 こわせない 壁 かべが キスを 迫 せまるでしょう 嗚呼 ああ、 厭 いや 「そんなわけないや」 嗚呼 ああ、 厭 いや 「わかってくれるでしょ」 その 頭 あたまを 撃 うち 抜 ぬいて 終 おわんない 愛 あいを 抱 だいてたくないの もっとちゃんと 不安 ふあんにしてよ いないいないばぁで 演 えんじて 欲 ほしいの もっとちゃんと 応 こたえてよ nanana ナナナ 「 未完成 みかんせい」だって 何度 なんどでも 言 いうんだ nanana ナナナ NO ノーを 空振 からぶった 愛 あいの 中 なかで トントン これで 御相子 おあいこって 埋 うまらない 時 ときに 篭 こもっちゃって 完全主義 かんぜんしゅぎはスモーキーに 孤黙 こだまする 声 こえに 目眩 めまいとモノトニー Knock ナァック knock! 】 メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々んだよ メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑ってくれるかな 【さらさら知る気はないだろうが ホラ】 マボロシだって知るんだよ 【鏡の前の抗争】 【言葉に憑く またすぐさ】 嘘憑きだって知るんだよ ネェ 【メーデー その規則を知ってるなら受け止めて 心体共に温めて 君の目と腕で からかうようだがお互い寄生か パラサイト 割かないと まだあの亡霊に抗えそうにない】 NO だって言う筈が キョドって YES を声に出す 後悔の脆弱は 騙した方が正義なの 卑怯だって構わない 祈っておいてそれはない 飾っていた饒舌が 墓穴を掘って焼ける様 負い目どこまで 灰色 【待つよ 追い風じゃ過ぎるよ 時だけ コレじゃ発する言葉も文字化け 少しだけ足を踏み入れよう きっとこの姿ならば君も好きでしょう】 被害者ヅラしたって 【ネェネェ】もしくはメ-デ-? そんな遭難信号を送っておきながら、僕は見つけられても抱き締めなくていいと言っています。 つまり、主人公は遭難していて、だれかに見つけてもらいたいと信号を送っているのです。

次の

ゴーストルール

ゴースト ルール 歌詞

今わかっていることは、 「僕は嘘をついていること」 「僕は願った願いがあったけれども、騙せなくて叶えられていない」 「僕は腐っていて、だから腐ったものを見分けることができない」 これくらいでしょうか。 一方で、僕に気づいたら笑いかけて欲しいと願っています。 どうだっていい 言 ことを 嘘 うそって 吐 はいて 戻 もどれない 時効 じこうなんてやってこない 奪 うばったように 奪 うばわれて 今日 きょうだって 叶 かなわない 思 おもったように 騙 だませない 腐 くさっている 僕 ぼくには 腐 くさったものが 理解 わからない おいでココまで 捨 すてい 「 隠 かくして 仕舞 しまったんだ」 メーデー 僕 ぼくと 判 わかっても もう 抱 だき 締 しめなくて 易々 いいんだよ メーデー 僕 ぼくが 解 わかったら もう 一度 いちど 嘲笑 わらってくれるかな マボロシだって 知 しるんだよ 嘘 うそ 憑 つきだって 知 しるんだよ ネェ NOだって 言 いう 筈 はずが キョドってYESを 声 こえに 出 だす 後悔 こうかいの 脆弱 ぜいじゃくは 騙 だましたほうが 正義 せいぎなの 卑怯 ひきょうだって 構 かまわない 祈 いのっておいてそれはない 飾 かざっていた 饒舌 じょうぜつが 墓穴 ぼけつを 掘 ほって 焼 やける 様 さま 負 おい 目 めどこまで 灰色 グレー 被害者 ひがいしゃヅラしたって メーデー 僕 ぼくを 叱 しかってよ 正直者 しょうじきものが 夢見 ゆめみたいなら メーデー 僕 ぼくを 裁 さばいてよ 最後 さいごまで 甘 あまえてしまうのは 亡霊 ぼうれいだって 知 しるんだよ 空白 くうはくだって 知 しるんだよ ネェ 足 たりないものを 望 のぞんだら 僕 ぼくじゃない 僕 ぼくに 出逢 であったよ それでも 前 まえに 進 すすんだの クラクラしちゃう 夜 よるも 足 たりない 僕 ぼくを 愛 あいしてよ EGO-MAMAが 僕 ぼくを 育 そだてたの きみには 僕 ぼくが 見 みえるかな 孤 こ 毒 どくなピエロが メーデー 僕 ぼくと 判 わかっても もう 抱 だき 締 しめなくて 易々 いいんだよ メーデー 僕 ぼくが 解 わかったら もう 一度 いちど 嘲笑 わらってくれるかな メーデー 僕 ぼくを 叱 しかってよ 正直者 しょうじきものが 夢見 ゆめみたいなら メーデー 僕 ぼくを 裁 さばいてよ 最後 さいごまで 甘 あまえてしまうのは メーデー 僕 ぼくを 暴 あばいてよ もう 直 じき 終 おわるこの 世界 せかいから メーデー 僕 ぼくと 踊 おどってよ 最初 さいしょからイナイと 理解 わかってた? 足りないものを望んだら 僕じゃない僕に出逢ったよ それでも前に進んだの クラクラしちゃう夜も 足りない僕を愛してよ EGO-MAMAが僕を育てたの きみには僕が見えるかな 孤毒なピエロが ひいらぎの解釈 足りないものを望んでいたら、僕じゃない僕に出会ったんだ それでも前に進んでみた、クラクラしちゃう夜だって 足りない僕を愛して欲しいんだ、エゴイストなママが僕を育てたんだ 君には僕の本当の姿が見えるかな、孤独で毒づいたピエロの姿が 僕は幽霊です。 歌手: 作詞: 作曲: どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない 時効なんてやってこない 奪ったように奪われて 今日だって叶わない 思ったように騙せない 腐っている僕には 腐ったものが理解らない おいでココまで 捨てい 「隠して仕舞ったんだ」 メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々んだよ メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑ってくれるかな マボロシだって知るんだよ 嘘憑きだって知るんだよ ネェ NOだって言う筈が キョドってYESを声に出す 後悔の脆弱は 騙したほうが正義なの 卑怯だって構わない 祈っておいてそれはない 飾っていた饒舌が 墓穴を掘って焼ける様 負い目どこまで 灰色 被害者ヅラしたって メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは 亡霊だって知るんだよ 空白だって知るんだよ ネェ 足りないものを望んだら 僕じゃない僕に出逢ったよ それでも前に進んだの クラクラしちゃう夜も 足りない僕を愛してよ EGO-MAMAが僕を育てたの きみには僕が見えるかな 孤毒なピエロが メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々んだよ メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑ってくれるかな メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは メーデー 僕を暴いてよ もう直終わるこの世界から メーデー 僕と踊ってよ 最初からイナイと理解ってた? 嗚呼 マボロシだって知るんだよ 嘘憑きだって知るんだよ 亡霊だって知るんだよ 空白だって知るんだよ どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない 時効なんてやってこない 奪ったように奪われて. だから僕はNOと言わなければならなかったのに、YESと言って頷いてしまった そんな嘘をついた僕は後悔の念に狩られます。 。

次の

『ゴーストルール』歌詞の意味・解釈と考察

ゴースト ルール 歌詞

これは、僕が抱きしめることのできない存在だということを言っているのではないでしょうか? もしわかってしまったら、僕のことがマボロシだとわかってしまう もしわかってしまったら、僕のことを嘘つきだってわかってしまう つまり、僕はマボロシの存在で、嘘をついて誰かに近づいているのでしょう。 嗚呼 aa マボロシ maboroshi だって datte 知 shi るんだよ rundayo 嘘 uso 憑 tsu きだって kidatte 知 shi るんだよ rundayo 亡霊 bourei だって datte 知 shi るんだよ rundayo 空白 kuuhaku だって datte 知 shi るんだよ rundayo どうだっていい doudatteii 言 koto を wo 嘘 uso って tte 吐 ha いて ite 戻 modo れない renai 時効 jikou なんてやってこない nanteyattekonai 奪 uba ったように ttayouni 奪 uba われて warete. マボロシだって 知 しるんだよ 嘘憑 うそつきだって 知 しるんだよ ネェ NO ノゥだって 言 いう 筈 はずが キョドって YES イエスを 声 こえに 出 だす 後悔 こうかいの 脆弱 ぜいじゃくは 騙 だましたほうが 正義 せいぎなの 卑怯 ひきょうだって 構 かまわない 祈 いのっておいて それはない 飾 かざっていた 饒舌 じょうぜつが 墓穴 ぼけつを 掘 ほって 焼 やける 様 さま 負 おい 目 め どこまで 灰色 グレー 被害者 ひがいしゃヅラしたって メーデー 僕 ぼくを 叱 しかってよ 正直者 しょうじきものが 夢見 ゆめみたいなら メーデー 僕 ぼくを 裁 さばいてよ 最後 さいごまで 甘 あまえてしまうのは Wow ウォウ... 一人ぼっちでいながら君にみてもらいたいと望む道化師のような僕を。 ここの段階では僕が何者なのかはわかりません。 。 おいでココまで 捨てい 「隠して仕舞ったんだ」 ひいらぎの解釈 メーデー もし僕とわかったとしても、もう抱き締めなくていいんだよ メーデー 僕が気づいたら、もう一回笑いかけてくれるかな 僕がマボロシだって知るんだよ 僕が嘘つきだって知るんだよ メーデーとは遭難信号のことです。 僕は亡霊、空白、つまりこの世にいない存在なのです。

次の

『ゴーストルール』歌詞の意味・解釈と考察

ゴースト ルール 歌詞

嗚呼 ああ... 足りない僕を愛して欲しいと、エゴな自分が僕をここまで育ててきたんです。 メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは 【さらさら知る気はないだろうが ホラ】 亡霊だって知るんだよ 【鏡の前の抗争】 【目を瞑ると気付く】 空白だって知るんだよ ネェ 【また生んでしまった周回遅れの ボクの先進むアレもボクで ろくでもない そうでもない 後ろで見るボクを認めてくれ】 足りないものを望んだら 僕じゃない僕に出逢ったよ それでも前に進んだの クラクラしちゃう夜も 足りない僕を愛してよ EGO-MAMAが僕を育てたの 君には僕が見えるかな 孤毒なピエロが メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々んだよ メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑ってくれるかな メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは メーデー 僕を暴いてよ もう直終わるこの世界から メーデー 僕と踊ってよ 最初からイナイと理解ってた? 嗚呼 【全てを暴いてボクを殺してくれよ ボクがボクとして また生まれるけど きっとどうにかなる 次はどうにかなる いや今から後ろ走ってたあの嫌いな ボクはいるよ この世界で 未来じゃなくて今を そう 走っていた いないんだって知ってた 作ったこのシステムは もうなくたってさ いいんだよ】 どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない 時効なんてやってこない 奪ったように奪われて. 8 95. 嗚呼 aa マボロシ maboroshi だって datte 知 shi るんだよ rundayo 嘘 uso 憑 tsu きだって kidatte 知 shi るんだよ rundayo 亡霊 bourei だって datte 知 shi るんだよ rundayo 空白 kuuhaku だって datte 知 shi るんだよ rundayo どうだっていい doudatteii 言 koto を wo 嘘 uso って tte 吐 ha いて ite 戻 modo れない renai 時効 jikou なんてやってこない nanteyattekonai 奪 uba ったように ttayouni 奪 uba われて warete. それでいて、その嘘を暴いて叱って欲しいと。 どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない 時効なんてやってこない 奪ったように奪われて 今日だって叶わない 思ったように騙せない 腐っている僕には 腐ったものが理解らない おいでココまで 捨てい 「隠して仕舞ったんだ」 メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々んだよ メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑ってくれるかな マボロシだって知るんだよ 嘘憑きだって知るんだよ ネェ NOだって言う筈が キョドってYESを声に出す 後悔の脆弱は 騙したほうが正義なの 卑怯だって構わない 祈っておいてそれはない 飾っていた饒舌が 墓穴を掘って焼ける様 負い目どこまで 灰色 被害者ヅラしたって メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは 亡霊だって知るんだよ 空白だって知るんだよ ネェ 足りないものを望んだら 僕じゃない僕に出逢ったよ それでも前に進んだの クラクラしちゃう夜も 足りない僕を愛してよ EGO-MAMAが僕を育てたの きみには僕が見えるかな 孤毒なピエロが メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々んだよ メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑ってくれるかな メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは メーデー 僕を暴いてよ もう直終わるこの世界から メーデー 僕と踊ってよ 最初からイナイと理解ってた? 嗚呼 マボロシだって知るんだよ 嘘憑きだって知るんだよ 亡霊だって知るんだよ 空白だって知るんだよ どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない 時効なんてやってこない 奪ったように奪われて. そしたら、僕じゃない、この世界に存在していい僕に出会ってしまいました。 亡霊 ぼうれいだって 知 しるんだよ 空白 くうはくだって 知 しるんだよ ネェ 足 たりないものを 望 のぞんだら 僕 ぼくじゃない 僕 ぼくに 出逢 であったよ それでも 前 まえに 進 すすんだの クラクラしちゃう 夜 よるも 足 たりない 僕 ぼくを 愛 あいしてよ EGO-MAMA エゴママが 僕 ぼくを 育 そだてたの きみには 僕 ぼくが 見 みえるかな 孤毒 こどくなピエロが メーデー 僕 ぼくと 判 わかっても もう 抱 だき 締 しめなくて 易々 いいんだよ メーデー 僕 ぼくが 解 わかったら もう 一度嘲笑 いちどわらってくれるかな メーデー 僕 ぼくを 叱 しかってよ 正直者 しょうじきものが 夢見 ゆめみたいなら メーデー 僕 ぼくを 裁 さばいてよ 最後 さいごまで 甘 あまえてしまうのは メーデー 僕 ぼくを 暴 あばいてよ もう 直終 じきおわるこの 世界 せかいから メーデー 僕 ぼくと 踊 おどってよ 最初 さいしょからイナイと 理解 わかってた? 決して幽霊の類ではありません。 ひいらぎの解釈 どうだっていい言葉を嘘だと言ってしまって後戻りできなくなって その嘘に時効なんてやってこない、奪ったみたいに奪われてしまって 今日だって願った願いは叶わない、思ったように騙せないから 僕は腐っているから、腐ったものを見分けられない この曲には主人公:僕が登場します。 僕は幽霊で、君にみてもらいたくていろいろと頑張ります。 君には本当の僕の姿が見えるんでしょうか。

次の

『ゴーストルール』歌詞の意味・解釈と考察

ゴースト ルール 歌詞

8 97. そのために饒舌に振る舞いますが、その饒舌がアダとなってボロを出してしまうのです。 でも、それは道化師の様な姿で。 幽霊はこの世にいてはいけない存在。 こうしているうちに、僕の正体が見えてきます。 この先の歌詞を見ていくと、どういうことなのかわかります。 どうだっていい 言 ことを 嘘 うそって 吐 はいて 戻 もどれない 時効 じこうなんてやってこない 奪 うばったように 奪 うばわれて 今日 きょうだって 叶 かなわない 思 おもったように 騙 だませない 腐 くさっている 僕 ぼくには 腐 くさったものが 理解 わからない おいで ココまで 捨 すてい 「 隠 かくして 仕舞 しまったんだ」 メーデー 僕 ぼくと 判 わかっても もう 抱 だき 締 しめなくて 易々 いいんだよ メーデー 僕 ぼくが 解 わかったら もう 一度嘲笑 いちどわらってくれるかな Wow ウォウ... 4 94. 僕はとにかく騙そうと必死に振る舞います。 そうしてくれたら、最後まで甘えずにいられるから。

次の

『ゴーストルール』歌詞の意味・解釈と考察

ゴースト ルール 歌詞

いきなり結論 ネタバレ) 砂糖塩味の自己解釈的考察は、 「 周りに害悪をばらまく存在が、メーデー(Mayday)つまり救難を求めるが、終始誰からも手を差し伸べられない 」 という、とてもとても悲しい曲なんです 最後に自分が何者なのかを悟りendという形がなんとももどかしくて佐糖塩見は好きです タイトル「ゴーストルール」の意味 タイトルのごとく、ゴースト のルール なんですが、問題はゴーストとは何か といことです。 。 亡霊 bourei だって datte 知 shi るんだよ rundayo 空白 kuuhaku だって datte 知 shi るんだよ rundayo どうだっていい doudatteii 言 koto を wo 嘘 uso って tte 吐 ha いて ite 戻 modo れない renai 時効 jikou なんてやってこない nanteyattekonai 奪 uba ったように ttayouni 奪 uba われて warete. 亡霊 ぼうれいだって 知 しるんだよ 空白 くうはくだって 知 しるんだよ どうだっていい 言 ことを 嘘 うそって 吐 はいて 戻 もどれない 時効 じこうなんてやってこない 奪 うばったように 奪 うばわれて どうだっていい doudatteii 言 koto を wo 嘘 uso って tte 吐 ha いて ite 戻 modo れない renai 時効 jikou なんてやってこない nanteyattekonai 奪 uba ったように ttayouni 奪 uba われて warete 今日 kyou だって datte 叶 kana わない wanai 思 omo ったように ttayouni 騙 dama せない senai 腐 kusa っている tteiru 僕 boku には niha 腐 kusa ったものが ttamonoga 理解 waka らない ranai おいで oide ココ koko まで made 捨 su てい tei 「 隠 kaku して shite 仕舞 shima ったんだ ttanda」 メ meー デ deー 僕 boku と to 判 waka っても ttemo もう mou 抱 da き ki 締 shi めなくて menakute 易々 ii んだよ ndayo メ meー デ deー 僕 boku が ga 解 waka ったら ttara もう mou 一度嘲笑 ichidowara ってくれるかな ttekurerukana Wow uou... マボロシは現実と交わってはいけない。 亡霊 bourei だって datte 知 shi るんだよ rundayo 空白 kuuhaku だって datte 知 shi るんだよ rundayo ネェ nee 足 ta りないものを rinaimonowo 望 nozo んだら ndara 僕 boku じゃない janai 僕 boku に ni 出逢 dea ったよ ttayo それでも soredemo 前 mae に ni 進 susu んだの ndano クラクラ kurakura しちゃう shichau 夜 yoru も mo 足 ta りない rinai 僕 boku を wo 愛 ai してよ shiteyo EGO-MAMA egomama が ga 僕 boku を wo 育 soda てたの tetano きみには kiminiha 僕 boku が ga 見 mi えるかな erukana 孤毒 kodoku な na ピエロ piero が ga メ meー デ deー 僕 boku と to 判 waka っても ttemo もう mou 抱 da き ki 締 shi めなくて menakute 易々 ii んだよ ndayo メ meー デ deー 僕 boku が ga 解 waka ったら ttara もう mou 一度嘲笑 ichidowara ってくれるかな ttekurerukana メ meー デ deー 僕 boku を wo 叱 shika ってよ tteyo 正直者 syoujikimono が ga 夢見 yumemi たいなら tainara メ meー デ deー 僕 boku を wo 裁 saba いてよ iteyo 最後 saigo まで made 甘 ama えてしまうのは eteshimaunoha メ meー デ deー 僕 boku を wo 暴 aba いてよ iteyo もう mou 直終 jikio わるこの warukono 世界 sekai から kara メ meー デ deー 僕 boku と to 踊 odo ってよ tteyo 最初 saisyo から kara イナイ inai と to 理解 waka ってた tteta? 騙してしまった方が正義なんだと言い訳しながら、自分に言い聞かせます。 クラクラしちゃう様な夜だって。 だけどこの世で君に見てもらいたくて、この世にいるためのものを望みました。

次の