艦 これ あ 号 作戦。 艦これ2期ウィークリー任務「あ号作戦」「い号作戦」「ろ号作戦」消化のためのオススメ海域や編成・装備・陣形を紹介します

「あ号」「ろ号」「い号」作戦攻略 ~出撃候補と一月一回本気作戦~

艦 これ あ 号 作戦

また、草加任一の回想によれば、17日の研究会において戦闘機の実力が開戦時に比べ相当落ちていることが取り上げられており 、過大な戦果報告と空戦能力の低下は、徐々に日本軍の航空作戦の問題になり始めていた。 あ号い号ろ号を達成する順番 「あ号作戦」と「い号作戦」と「ろ号作戦」を達成するためには、どの順番で行うと効率が良いか、については正直よくわかっていません。 24日、マステバ島カタイガン湾に待避していたが、空襲により輸送艦は3隻とも沈没した。 なお多号作戦発動前にレイテ増援第1陣として、第16戦隊司令官が鈴号作戦にともなう増援作戦を既に行っており(上述) 、鈴号作戦(10月19日発動)を多号作戦の第一次作戦とする場合もある。 護衛艦艇:駆潜艇第20号 11月28日 、SS艇(5号・11号・12号)を駆潜艇20号が護衛し、兵員200名と糧食弾薬を乗せてマニラを出港する。 「あ号」が終わって「ろ号」が出現した頃にはたいてい「い号」も終わるか終わりつつあるかの状態になっています。 マニラまでは後述の第2次輸送部隊に組み込まれ帰着した。

次の

い号作戦 ウィークリー任務効率化【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

艦 これ あ 号 作戦

394-395頁「第四航空軍の戦闘」• 『日本空母戦史』図書出版社、1977年。 日本艦隊が攻撃した26日、ミンドロ島の2ヶ所の飛行場には連合軍機約120機(B-25爆撃機3、P-38戦闘機44、P-47戦闘機28、P-40戦闘機20)が展開していた。 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 潜水艦史』第98巻、朝雲新聞社、1979年6月。 前線視察に関しては第三艦隊のらから反対されたが、視察は予定通り決行された。 ついで、海岸の物資集積所に向けて砲撃を開始。 この前後、マニラで南方軍(寺内元帥)と第14方面軍(山下大将)はレイテ決戦について合同研究を実施する。

次の

い号作戦

艦 これ あ 号 作戦

後続に• 二期環境では「出撃36回」「ボス到達24回」何れもネックになるため、 処理するのをを前提とした海域選択をする必要があります。 7日朝、第43駆逐隊司令より「隊列を解き各船艇付近に擱座すべし」の命令が出され、SS艇9号はパロンポン(レイテ島北西岸)に向かった。 261. 1-4・・・基本2-1が上位互換(周回で1週2-4隻)• , pp. 戦死者も、戦闘機搭乗員のみの比較でも日本側の15名に対し連合軍側は3名と少なかった。 12月9日14:00 、第九次輸送部隊(駆逐艦〈夕月・卯月・桐〉・駆潜艇〈17号・37号〉・輸送船〈美濃丸・空知丸・たすまにや丸〉・輸送艦〈140号・159号・9号〉)はマニラを出港した。 このろ号が終わったときの安堵感。 一 敵ハ我累次猛攻ニ屈セズ「レイテ」島「サマール」島方面ニ橋頭堡ヲ拡大中ナリ 二 聯合艦隊ハ陸軍ト協同 第一、第二十六師団及第六十八旅団ヲ基幹トスル兵力ヲ速ニ「レイテ」島方面ニ輸送 一挙ニ敵ヲ撃滅セントス 三 南西方面部隊ハ所在基地航空兵力ト協同シ 陸軍上陸部隊ノ直接護衛敵空母及輸送船ノ撃滅ニ任ジ 且戦略要点ノ防備ヲ強化之ヲ確保スベシ 四 第一遊撃部隊ハ菲島又ハ北部「ボルネオ」方面ヲ根拠トシ 陸軍上陸部隊ノ間接護衛ニ任ジ 南西方面部隊ノ作戦ヲ強力ニ支援スベシ 五 先遣部隊ハ全力ヲ菲島方面ニ集中 敵輸送路ノ遮断及敵機動部隊ノ捕捉撃滅ニ任ズベシ 六 機動部隊本隊ノ一部ハ補給終了後内海西部ニ回航 第四航空戦隊(・・欠)、ヲシテ 主トシテ特別攻撃隊主力ヲ速ニ菲島方面ニ急送セシムベシ 右兵力菲島到着ノ時機ヲ以テ 第四航空戦隊(隼鷹、龍鳳、第六三四航空隊欠)ヲ第一遊撃部隊ニ 第三十一戦隊ヲ南西方面部隊ニ夫々編入ノ予定 以上の基本命令により、南西方面艦隊司令長官三川軍一中将は南方軍と協同。 , p. 6-2(B)・・・初戦撤退のレベリングに。

次の

多号作戦

艦 これ あ 号 作戦

401-402. 「遠征」を3回成功させよう! あり。 Ref. 旗艦は疲労が溜まりにくいですから、交代するのは随伴の5隻です。 , p. 連合軍の損害 掃海艇(パイリー)1隻、貨物船1隻損傷 4月12日 Y攻撃 [ ] オーエンスタンレー山脈 連合艦隊は11日の天候予想の結果に基づき、12日にY攻撃を実施することを決めた。 現地陸海軍部隊の作戦指導強化 作戦期間• 361-362ソロモン方面連合軍の反攻準備• レイテ島への補給は断絶し、上陸した部隊も弾薬、糧食の不足に苦しんだ。 (戦闘回避) G: ボーキサイト H: 1 軽母ヌ級、軽母ヌ級、軽巡へ級、駆逐ロ級、駆逐ロ級 輪形 16 2 軽母ヌ級、軽母ヌ級、重巡リ級、軽巡へ級、駆逐ロ級、駆逐ロ級 輪形 16 I:敵前衛任務部隊II群 1 軽母ヌ級、重巡リ級、軽巡ホ級、駆逐イ級、駆逐イ級 輪形 8 J:敵支援打撃任務群 1 戦艦ル級、軽母ヌ級、軽母ヌ級、軽巡ヘ級、駆逐ロ級、駆逐ロ級 単縦 16 2 戦艦ル級、雷巡チ級、雷巡チ級、軽巡ヘ級、駆逐ロ級、駆逐ロ級 単縦 0 K: 気のせいだった。 山下将軍(第14方面軍)は既にマニラ放棄・ルソン持久作戦の準備を進めていたのである。

次の

艦これ2期ウィークリー任務「あ号作戦」「い号作戦」「ろ号作戦」消化のためのオススメ海域や編成・装備・陣形を紹介します

艦 これ あ 号 作戦

玉船団は日本陸軍機(・・)に掩護されて進撃。 第四航空戦隊の2隻(・)は第三十一戦隊(五十鈴・霜月・桑・槇・杉・桃・梅)各艦と共に内地を出撃、南西方面にむかった。 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 比島捷号陸軍航空作戦』第48巻、朝雲新聞社、1971年8月。 詳細は「」を参照 「い号作戦」の間、山本長官は、トラック島の連合艦隊旗艦「武蔵」を離れ、「い号作戦」を直接指揮するため、幕僚をしたがえてラバウル基地に来ていた。 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營陸軍部<6> 昭和十八年六月まで』第66巻、朝雲新聞社、1973年6月。 、pp126-130• 496-497頁「飯村南方軍総参謀長のマニラ連絡」• 第五艦隊麾下の第一水雷戦隊司令官少将(旗艦:) 指揮下で行われた第2次作戦(主力、一部)では 、11月1日から2日にかけて、第1師団のレイテ島オルモックへの輸送および揚陸に成功した。 あ号作戦でもたもたしていると、間に合いません。

次の

艦これ 「い号作戦」任務消化におすすめ海域(ウィークリー任務攻略)

艦 これ あ 号 作戦

第二攻撃隊 二〇四空(零戦24機)、五八二空(零戦20機)、七〇五空(陸攻27機) 今回はラバウル上空で全飛行隊が集合、第一攻撃隊と第二攻撃隊は約1000メートルの間隔を空けて編隊を組み、その上空500メートルに制空隊を配備して進攻した。 ろ号は「あ号作戦」を達成すると任務一覧に出現します。 レイテ島への最初の増援輸送は、(司令官:陸軍中将)がに発動した 鈴二号作戦にともない、第16戦隊司令官海軍中将の指揮で行われた。 , pp. 第8方面軍もい号作戦によってムンダ、サラモア方面の連合軍の活動が低下したことを認めている。 」と述べている。 ろ号作戦の方で解説していますが、出来れば月1ペースでろ号をやりたいところ。 ルソン島決戦方針のもとに準備をすすめてきた山下大将(第14方面軍)は不同意であったが 、上級司令部からの命令で同意した。

次の

ろ号作戦 ウィークリー任務効率化編成例【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

艦 これ あ 号 作戦

日本軍の地上部隊は、隷下の第14方面軍(司令官:陸軍大将、通称号「尚武」、ルソン島)、第14方面軍隷下の第35軍(司令官:陸軍中将、通称号「尚」、中比~南比)と(司令官:陸軍中将、通称号「垣」、レイテ島) を基幹とする。 敵輸送船団を叩け!に関してもを確認してください。 9日、大本営海軍部は現地からの報告を元に戦果を発表した。 79-80「若月 わかつき 」• 822-823頁• ミンドロ島沖海戦が発生した。 (画像で181) 水母1軽巡1駆逐4で道中1戦に固定できますが、い号作戦としては空母2隻しか狩れないので微妙。

次の

礼号作戦

艦 これ あ 号 作戦

参加部隊:第三艦隊、第十一航空艦隊• 297-307頁 当時「桑」一番高角砲射手・海軍上等兵曹山本貢『小さな勇者「桑」オルモックに死すとも 瑞鳳直衛の比島沖海戦をへて七次多号作戦に果敢な砲戦を演じた勇者の最後』• 船団は11日にマニラへ入港、出撃準備に入る。 、pp16-20• 240-242. 80頁「米軍、オルモック南方に上陸」• 席上、岡田中佐は特攻兵器を台湾に配備し(参加の空母で輸送)、クラーク基地から発進した戦闘機と空中で合同させ、神雷部隊によるレイテ総攻撃を提案した。 Y1攻撃隊の七五一空の陸攻は泊地を爆撃したが、有効弾は与えられなかった。 , pp. 陸軍の動きに対し、海軍中央(軍令部、連合艦隊)はあくまでレイテ決戦続行の方針を示した。 第9号・第10号輸送艦は甲標的をセブ島の第33特別根拠地隊に輸送する任務についていた。 384-385頁「十一月六日の航空状況」• 作戦経過 [ ] 太字の艦船名は作戦中の喪失を表す。 また鬼怒救援のため派遣された駆逐艦(第18駆逐隊)も、空襲で撃沈された。

次の