テセウス 犯人 原作。 テセウスの船

テセウスの船考察!犯人黒幕が原作違う理由は?さつき先生最終回は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

テセウス 犯人 原作

何度も言いますが、原作通りであればこの車いすの男こと 「加藤 木村 みきお」が真犯人です。 鈴と仲が良く、おそろいのキーホルダーをつけていた。 それは、ズバリ木村さつきです! もうこの人しか考えられません。 ・金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)を殺して、心が2020年から持ってきたを拾う。 細かく言うと、1989年の少年のみきおと2020年の大人のみきおの 2人。 心と佐野文吾を道ずれに… 物語の結末では、加藤が佐野文吾をの命を奪おうとしますが、心が佐野を庇い加藤に刺されます。

次の

テセウスの船ネタバレ最終回&犯人は誰?原作漫画とドラマで違う結末か【考察】

テセウス 犯人 原作

何にしても、テレビやTVerで観るだけでも満足は出来ると思いますが、更に作品を深く楽しむにはParaviを観るしかありません。 1989年1月7日• 船のすべての建材が新しいものに取り替えられても、その船は「テセウスの船」と呼べるのか? という問いです。 みきおの義母となったさつきは、やがて医師からみきおの足は歩行困難な状態ではないという説明を受けます。 心はあらためて事件の真犯人を探し出し、父親の冤罪を証明すると決意するのです。 さらに、もし自宅で青酸カリが発見されたとしてもそれは証拠にはなりません。

次の

テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?

テセウス 犯人 原作

ドラマでもみきお少年は教室でいじめられた鈴をかばっていたので、おそらく鈴が好きだと思われます。 心は1月12日に雪崩に巻き込まれて重体になる運命だった木村敏行を救うことに成功。 GONINサーガ(2015年) — 式根誠司 役• そんな父親を見ているうちに、冤罪を信じ始めて、父の事件を阻止することを考えます。 キノコ汁の中にたまたま 毒キノコが入っていて、 ご婦人がひとり亡くなった。 (たまたま) そこで 少年の加藤みきおと共に大人の木村みきおが音臼小事件を起こすことになるんです。 それでも尚自分に襲いかかろうとする大人みきおは文吾の手によって、その場で倒れることに。

次の

【テセウスの船】漫画原作の最終回ネタバレ!真犯人の加藤みきおの動機について考察

テセウス 犯人 原作

・青酸カリでうさぎを殺す。 RED SHADOW 赤影(2001年)- 赤影 役(主人公)• 心の家族 心 竹内涼真 の父親、文吾 鈴木亮平 は北海道の音臼村で警官として働いていた。 テセウスの船 今日夜9時から日曜劇場で放送の。 母は田村心が知っている母とは違い、明るく、元気だった。 本来なら心は 「正義」という名前になるハズでした。

次の

テセウスの船の犯行理由(動機)が何かを原作ネタバレ!鈴が原因?

テセウス 犯人 原作

原作の最終回では心が死ぬ悲劇で終わるのは本当でしょうか? ドラマ「テセウスの船」では、主人公・田村心 竹内涼真 の父親 鈴木亮平 が平成元年に巻き起こした事件の真相を探り、父親の冤罪を晴らすことができるのかが気になるストーリーですよね。 スポンサーリンク 【テセウスの船】音臼小無差別大量事件は起きてしまうの?犯人は誰? このドラマの一番重要なところですよね。 加藤みきおの目的は、鈴の理想の男性である佐野を排除し、鈴を手に入れることだった。 このため、佐々木紀子は、証拠となる写真を焼いたのだった。 。 しかし、父・佐野文吾は今もなお、獄中でえん罪を主張し続けており、再審査請求を出し続けていた。 そこで2人は新たな計画を立てました。

次の

テセウスの船犯人は原作と違う?怪しい人物の可能性を徹底考察!

テセウス 犯人 原作

しかし知らんぷりの加藤。 それを行えば加藤みきおは鈴ちゃんのヒーローになれますからね…。 自分の未来を必要以上に気にする• という事で、これ以上このテセウスのパラドックスについて触れていくと、混沌とした記事になっていくので、サクっと犯人のネタバレをしていきたいと思います! そしてまた大きな発表がありました! 原作者さんいわく 真犯人は原作と違う というのです! なのでこの記事は、あくまで原作の犯人の事を書きますので、原作だと思ってお楽しみくださいませ! 【テセウスの船記事一覧】 もくじ• さつきは鈴に紀子を殺すよう促すが、紀子から犯人の写真を見せられた鈴はショックのあまり部屋を飛び出し、意識を失ってしまう。 その後大人の加藤みきおは鈴がショックを受けるようなことをするとまた鈴が変わってしまうかもしれないからと、 このまま何もせずに全ての罪を自分(加藤信也として)が被り自殺しようとします。 和子・鈴・慎吾とともに、閉村した音臼村の佐野家へ戻ってきました。 心の家族には、父親の佐野文吾(鈴木亮平)、母親の佐野(榮倉奈々)、12歳年上の姉・鈴(白鳥玉季)、6歳年上の兄・慎吾(番家天嵩)がいます。

次の