魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強。 魔石グルメ ~魔物の力を食べたオレは最強!~(Web版)

未来

魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強

そしてとうとうその時はやってきた。 ちょうどよかった」 どうやらアインは簡単に自室に戻ることができない日のようだ。 結局どんな人なのか自分の中でもイメージができないまま、とうとうロイドが待つ場所へとたどり着いてしまう。 では午後お会いできるのをお待ちしております」 そうしてアインはロイドと別れる。 信頼しておる」 「我々二人でご立派な王に育てて見せますから、ご安心を」 「そうですな陛下。 そういった方を目指していただくと言うこと」 それを聞いてクローネはなるほどと思った。

次の

動き出す世界

魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強

これより城に戻る」 「「「はっ!」」」 騎士達に対する態度は王族としてのものとなってきたアイン。 それをこれからのためと思って必死に解いたのだ。 ディルに対して敬語を使ってはならない、顔色をうかがうような真似をしてはならない。 急ぎ出発を」 それを指摘する必要はない。 それでもアインはそれを止められない。 アインがどういった人を望むのか、まだわからない。 だがアイン様は我らイシュタリカの未来と言えるお方。

次の

魔石グルメ ~魔物の力を食べたオレは最強!~(Web版)(俺2号/結城 涼)

魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強

「意外性、意外性……」 実は娘でしたとか?いやそれでは息子という意味がわからない。 ロランだけ平民の生まれだった。 ディルとしても父ロイドが話を始めたら静かに一歩後ろに下がり、会話を聞いている。 「わかりました。 それが、『 魔石グルメ』です! 本作は、カドカワBOOKSより刊行しているライトノベルのコミカライズ版で、ニコニコ漫画「ドラドラしゃーぷ 」にて連載中です。 「はぁ……神様、幼・女神様。 近衛騎士団だな、てことはアインに用じゃねえか?」 「念のためあの騎士がここに来るまでは待とう」 レオナードが念のため待とうと言ったのは、騎士の格好をしてアインを襲う者かという懸念があったからだ。

次の

魔石グルメ ~魔物の力を食べたオレは最強!~(Web版)

魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強

だがそんなことは全く気にせず、アインはノックもせずに大会議室のドアを開ける。 「さて。 どうやらオリビア様がご帰国なさってから、お暇に感じる時間はないようで」 「違いない。 まるで赤子が母の母乳を吸うように、終わりが来るまでひたすらに吸い続ける。 お待ちしておりました。 実はこのディルの護衛に関しては、アイン様のご教育にも少し関係しております」 「俺の教育、ですか?」 一先ずは自己紹介を終えたディルを置いておき話が進んだ。 これからはもう少し慎重に行こうと決意する。

次の

魔石グルメ ~魔物の力を食べたオレは最強!~(Web版)

魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強

「おぉアイン様。 危険な魔物とは何か?どこに向かったのか?そしてなんでクリスが出向く必要があったのかと。 なんか俺すごい貶されてる気がするんだ、なんていうかさっき俺がナメクジって言ってたときみたいに」 「"気がする"じゃないから安心しろ。 一つも問題はございませんでした」 「そう聞けて安心しました」 「ですのでお約束通り、クローネ嬢は冬が明けてからアイン様と同じ次期より、代々の妃殿下が運営なさっているリーベ女学園へとご入学して頂きます」 「推薦状を頂けるんですよね?」 「私が推薦状をお書きしますので問題はございません」 クローネは、オリビアとの夕食から数日の間で数多くの宿題を課せられていた。 クリスが死んじゃう……と。

次の

『魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強!』声優の村瀬歩さん渕上舞さん出演のボイスコミックが公開

魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強

「……陛下。 王を守ると言ってくれる者が傍にいてくれること、それがどれだけ心強いかを。 「暇なら手伝うニャ。 「殿下。 「カティマさんのお勧めはどうすること?」 「黙って待つことニャ。 だから筋肉という意味で貶すのは意味が通らないぞ」 「は、はは……でもそこでナメクジが浮かぶあたりがどうかしてるよね」 日中のまだ日差しが弱くない頃。 いわゆる上に立つ者としての態度というものがございます」 「……俺にその態度に慣れて欲しいと?」 「左様でございます」 ディルがアインの護衛につくことは、護衛とは別の側面があった。

次の