千 と 千尋 の 神隠し 温泉。 ここが千と千尋の油屋!?モデルとされる5つの温泉旅館とは

千と千尋の世界すぎる!群馬県の四万温泉「積善館」がとても素敵

千 と 千尋 の 神隠し 温泉

昼間も美しいですが、 ライトアップしてから訪れるのがおすすめ。 数寄屋造りのため、中に入ると迷路のようなんだとか...。 行ってみました「元禄の湯」 なんと先客が1人。 心が休まるよ。 是非、入って欲しくなるオススメ温泉です。

次の

元禄旅籠 油屋

千 と 千尋 の 神隠し 温泉

千と千尋の神隠し 「油屋 湯屋 」の温泉モデルは台湾の旅館街『九份』が濃厚? 噂の中で、この映画のモデルになったと最も大きな噂になっているのが台湾の旅館街なんですよね。 次回の現実逃避先も絶対ここって決めてる。 本館には源泉を愉しむ貸切風呂、別館には庭園風呂や岩組みの露天風呂、木々の緑が優しい貸切露天風呂があります。 元々ハク達のいた神々の世界はあの世であるとも言われているので、生まれ変わって千尋に会いに行く、もしくは魂となって千尋に会いにきて約束が果たされてほしいと願ってしまいます。 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われているので若いカップルも多かったです。

次の

元禄旅籠 油屋

千 と 千尋 の 神隠し 温泉

でこの前提において、結論は… この場所も実は、 モデルとなっていない。 ただし、子宝湯の建物自体は「油屋」のように巨大なものではなく、建物のイメージは幾分異なります。 ちなみに温泉は、こんな感じです。 花屋徳兵衛 夕食の内容 ここは山の中なので、海の幸はそう期待できませんが、山の幸は豊富です。 積善館の行き方 車の場合は、高速道路で「渋川伊香保IC」か「月夜野IC」で降りて向かうと良さそうです。 この日は人通りも少なく静かでした。 根拠となる理由を調べましたが、2001年に書かれたスタジオジブリのブログには監督が「色々な温泉が入っていて、特定のモデルはない」と話している様子が綴られています。

次の

「四万温泉 積善館」(群馬県) 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われる旅館の混浴温泉

千 と 千尋 の 神隠し 温泉

あくまでも個人的な主観で、参考程度になればと考えています。 近くに湯原温泉のお湯を供給する湯元でもある があります。 こちらです。 休憩室はあるのですが、20名以上じゃないと予約できないとの事。 車で約5分程の所で、駐車料金¥500でいくらでも持って帰れます。

次の

千と千尋の神隠し 温泉モデルは群馬の旅館?長野の噂も…本当はこれだった!

千 と 千尋 の 神隠し 温泉

特に何があるわけでもありませんが、何とも言えない不思議な風景と空気感です。 ここは、宮崎駿が油屋の参考になったばしょだと いったので確実です。 暖かいロマンティックなトンネルです。 宿は「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われる「積善館」。 人々の気持ちに余裕のあった昭和を思い出す風景です。 浴場は二種類あり、1階の大浴場を神の湯、小さい浴場を霊の湯といい、浴槽は花崗岩でできています。

次の

元禄旅籠 油屋

千 と 千尋 の 神隠し 温泉

福島県• その他 当サイトは、岡山や中四国の日帰り温泉を掲載しています。 これが、「連泊プラン」。 江戸時代初期に、日本三代銀山の1つ延沢銀山がこの場所にあったんです。 群馬県• 僕の中では、スタジオジブリとの関連を抜きにしても行ってみたい場所になりました! 千と千尋の神隠し 「油屋 湯屋 」の温泉モデル!本当は群馬の旅館?噂の真相は… 台湾の次にモデル地との噂が大きい、群馬県の温泉旅館について紹介していこうと思います! 噂されている場所というのは、 群馬県 : 積善館(四万温泉) です! 群馬県 : 積善館(四万温泉) ここについても確かに、 趣のある温泉旅館街にあり、特に積善館は元禄7年創業にして、日本最古の湯宿建築であり、重要文化財に指定されている老舗中の老舗です。 江戸時代の旅籠のイメージがピッタリな街並みと建物です。 その他にも食湯館という建物には石造りの半露天風呂の男湯、桧造りの浴槽が魅力的な女性用露天風呂が用意されています。

次の