駆逐 艦 綾波。 【アズールレーン攻略】改造「綾波」に必要な「駆逐艦改造図」の入手方法

【アズールレーン攻略】改造「綾波」に必要な「駆逐艦改造図」の入手方法

駆逐 艦 綾波

目次 ・ ・ ・ 綾波の入手 改造綾波に絶対に必要なもの。 92、昭和4年5月10日 内令151• 初めて聞いたとき数秒固まってたぞ。 1943年(昭和18年)7月17日:初雪戦没、10月15日駆逐隊から削除。 I型 (吹雪型 ) 大正12年度と大正15年度の計画で建造された9隻を指す。 1992年のアイアンボトム・サウンドの潜水調査でサボ島の南東、海面下700mの海底で特型駆逐艦がされた。 同書p. こうして戦果は挙げたものの、米駆逐艦の砲撃と戦艦「ワシントン」の副砲射撃による反撃で「綾波」は次々と命中弾を受け2番砲塔は被弾し沈黙、さらに機関室に2発被弾して航行、操舵共に不能となってしまった。 12『内令第七百四十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年六月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第六驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十驅逐隊ノ項中「秋雲、」ヲ削ル|第十九驅逐隊ノ項中「、天霧」ヲ削ル』• 吹雪型では砲塔形式となり、これらの問題が解決した。

次の

綾波 (吹雪型駆逐艦)

駆逐 艦 綾波

この為飛沫の影響の少ない大型艦への採用はなく、重巡など型でも相変わらずキセル型である。 2-3『驅逐艦改稱新舊名稱對照表』• さて、これらの改正を加え、「」をより新式かつ強力にせんとした海軍ですが、特に「B型砲架」の開発完了までにはかなりの時間が必要でした。 -- 2019-09-30 月 01:42:11• C13072082100 参考文献 [ ]• 本型は1番艦竣工以降も多くの改正が行われたが船体強度の検討などは充分行われず 、就役2、3年経った頃から強度上の欠陥による損傷が起きていた。 最新体試作機"G. 白雲損傷。 C12070181400。

次の

1/350 駆逐艦 綾波

駆逐 艦 綾波

もう一つ、「」の大きな特徴である、大型の艦橋構造物ですが、本型では更に様々な射撃指揮装置が装備された為、大型化されました。 5 最大幅 10. なお、下記の通り、「 」から「夕 ゆうねぇ 」と呼ばれており、近い将来されるかも・・・しれないとの噂も。 - 10. また、太平洋戦争開戦時には第一航空艦隊に所属し、その後も同艦隊第十戦隊や連合艦隊直属になるなど、戦艦「」(時)やの護衛、あるいは輸送船団の護衛任務に従事した。 8『内令第三百八十八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年三月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「霞」ノ下ニ「、不知火」ヲ加フ|第十九驅逐隊ノ項中「敷波」ノ下ニ「、天霧」ヲ加フ』• 『雪風』と並ぶ(激戦の中で生き残った)幸運艦には、駆逐艦「時雨」、空母「瑞鶴」、軽巡洋艦「大淀」などがあったが、いずれも終戦までには没している。 ) - さぎり 竣工1931年1月31日(浦賀船渠) 1941年12月24日、北方水域にてオランダ潜水艦の雷撃で撃沈される。

次の

日本の駆逐艦:綾波型

駆逐 艦 綾波

1935年版』海軍研究社、1935年5月。 1933年(昭和8年)2月1日:第十二駆逐隊から薄雲が編入、東雲は第十二駆逐隊へ転出。 C12070178200。 艤装員長 [ ]• ・・・解隊した20駆より「夕」「 」らを編入。 この10隻のみ12. この両艦隊の性格の差異は、それぞれに配備される駆逐艦の傾向からも窺い知ることが出来ます。

次の

綾波型姉妹とは (アヤナミガタシマイとは) [単語記事]

駆逐 艦 綾波

浦波に生存者全員が救助された直後、それまで耐えていたかのように魚雷が誘爆。 2m測距儀はその後方で、I型より1段高い架台上に置かれた。 白騎士の長姉出し抜きピンク「黒豹ときいて!」 -- 2019-05-02 木 16:40:34• プレストンを血祭りにあげる。 基準排水量:2,000t 水線長:116. バラストキールを設置 他艦も同様の工事が行われ、その他に多くの指揮装置や計器類が撤去され、煙突の短縮も行われた。 1943年(昭和18年)3月3日:白雪戦没、4月1日駆逐隊から削除。 1928年(昭和3年)12月18日:白雪竣工 、吹雪 8月10日竣工 と2隻で新編。

次の

綾波 (初代神風型駆逐艦)

駆逐 艦 綾波

の肌でだが、()ではい。 改I型 (浦波 ) 10番艦 昭和2年度計画の1番艦 の浦波は缶室吸気口形状などが後述のII型と同じであるが、艦橋構造物はI型と同じ、主砲はA型砲を搭載しており、I型とII型の折衷的な形態となっている。 その他に駆逐艦として初めて2重底を採用、ビルジキールは従来の駆逐艦は1枚板だったが、本型からは2枚板 ビルドアップ 式になった。 また、夕食にはF作業で獲得した。 Ref. (兼)古木百蔵 中佐:1934年1月10日 - 1934年4月28日• A型では仰角が40度ほどで、かなり接近してきた航空機は射撃範囲外となってしまいます。 で航続の問題から駆・18駆・に随伴任務を譲り付に。 同型艦略歴 浦波 昭和 2年 4月28日 佐世保工廠にて起工 昭和 4年 6月30日 佐世保工廠にて竣工 昭和19年12月26日 マニラ湾にて、空襲によって沈没 昭和 3年 1月20日 藤永田造船所にて起工 昭和 5年 4月30日 藤永田造船所にて竣工 昭和17年11月15日 第三次ソロモン海戦にて、水上戦闘によって沈没 敷波 昭和 3年 7月 6日 舞鶴工作部にて起工 昭和 4年12月24日 舞鶴工作部にて竣工 昭和19年 9月12日 海南島沖にて、米潜の雷撃によって沈没 朝霧 昭和 3年12月12日 佐世保工廠にて起工 昭和 5年 6月30日 佐世保工廠にて竣工 昭和17年 8月28日 サンタイサベル島付近にて、空襲によって沈没 夕霧 昭和 4年 4月 1日 舞鶴工作部にて起工 昭和 5年12月 3日 舞鶴工作部にて竣工 昭和18年11月25日 セント・ジョージ岬沖海戦にて、水上戦闘によって沈没 天霧 昭和 3年11月28日 石川島重工にて起工 昭和 5年11月10日 石川島重工にて竣工 昭和19年 4月23日 マカッサル海峡にて、触雷によって沈没 狭霧 昭和 4年 5月28日 浦賀船渠にて起工 昭和 6年 1月31日 浦賀船渠にて竣工 昭和16年12月24日 ボルネオ島クチン沖にて、蘭潜の雷撃によって沈没 朧 昭和 4年11月29日 佐世保工廠にて起工 昭和 6年10月31日 佐世保工廠にて竣工 昭和17年10月17日 キスカ島沖にて、空襲によって沈没 曙 昭和 4年10月25日 藤永田造船所にて起工 昭和 6年 7月31日 藤永田造船所にて竣工 昭和19年11月13日 マニラ湾内にて、空襲によって沈没 漣 昭和 5年 2月21日 舞鶴工作部にて起工 昭和 7年 5月19日 舞鶴工作部にて竣工 昭和19年 1月14日 パラオ諸島沖にて、米潜の雷撃によって沈没 潮 昭和 4年12月24日 浦賀船渠にて起工 昭和 6年11月14日 浦賀船渠にて竣工 昭和20年 9月15日 除籍。

次の

駆逐艦「綾波」燦然と輝く大武勲、黒豹の二つ名の如く闇夜の海上を疾走

駆逐 艦 綾波

触雷説と爆撃による沈没説がある。 開戦直後の(昭和16年)12月8日にはにおける上陸作戦を支援し、同年12月19日には「」及び「」とともに海軍の潜水艦O-20を砲撃によって撃沈、僚艦と共に生存者32名を救助した。 C12070149700。 また、(昭和17年)2月17日、馬来部隊の一艦としてシンガポールやスマトラ島方面で作戦中、海図未記載の暗礁によってスクリューを損傷する。 1番艦 綾波(あやなみ) 「 が一番だなんて…嬉しいです…官のおかげですね」 : : 性格な1番艦 から数えて11番艦。 こういった外見上の細かい分類が行われてしまうのは、「」が、その都度その都度最新鋭の兵器や機関などを取り入れ続けていた証明です。 これだけで要員と言って憚らない破壊がある。

次の

磯波 (吹雪型駆逐艦)

駆逐 艦 綾波

岡崎文勳 大尉:1928年11月1日 - 1929年11月30日• 主砲は 12. 白石長義 少佐:1937年11月15日 - 1938年4月15日• 8月にはマーシャル諸島付近で活動し、以後、ガダルカナル島への兵員・物資の輸送作戦にも10回ほど従事した。 また、戦艦「サウスダコタ」の副砲群にも損傷を与え、誤認ではあるが「サウスダコタ」撃沈の報を出しており、古来の海上戦闘においてここまでの武勲を挙げた軍艦は稀有である。 21:16、サボ島南水道に進入した「綾波」の見張員が艦首方向右寄り距離8000に単縦陣で航行する米艦隊を発見。 米艦隊は00:45にレーダーから消失した球磨型軽巡洋艦(綾波の誤認)の撃沈を確認し、同艦への砲撃を中止した。 788-789、付録第2 艦艇要目表。

次の