ご 教授 ください。 「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ご 教授 ください

例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 本来「ご教示」と言うべきところを「ご教授」と言ってしまうと、相手によっては嫌味と受け取る可能性もありますので注意が必要です。 また、比較的長い期間に渡って教えてもらうという意味があります。 例文 「何かお気づきの点があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「今後の売上向上に向けて改善点があればご教示いただけますでしょうか」 「ご教授ください」の意味は「学問・技術・技能などを教えてください」 「ご教授ください」は、「 ごきょうじゅください」と読みます。 スポンサードリンク 長い時間や、断続的に その内容を教えてくださいとお願いする際に 「ご教授ください」などという敬語になります。 まとめ. ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉で、「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」の意味の違いと正しい使い方、ビジネスシーンでよく使う敬語

ご 教授 ください

ただし、「ご助言ありがとうございます」というようにお礼の気持ちをつたえる場面では使用することはできないので注意してください。 Contents• もちろん教えて頂いた後には、「ありがとうございます」という感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。 「いただければ」は、「いただく」という動詞(カ行下一段活用)の仮定形である「いただけれ」に、接続助詞の「ば」が付いた形です。 ある程度の期間に渡って指導を受け続けるという意味です。 通常の仕事ではそこまで専門的な技術や知識を教えてもらうといったことは ありません。

次の

「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

ご 教授 ください

これらの場合は「ご教示ください」で 十分でしょう。 例えば免許証や保険証などの身分を証明する為のものを見せてもらいたいときや、特定の成果物を提出する場面や、「都合のいい日程をご提示ください」というような、考えや意見を求められるような場面で使用できます。 単に案件内容を知りたいときは、「どういった案件内容でしょうか」と書いたほうがいいでしょう。 ここでいう「教え」とは一時的なものや、聞いてすぐに理解が深まるものではありません。 」といった言葉は目上の人に対して 敬語を使っているつもりであってもビジネスシーンでは 大げさであるといったことになります。 意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 社会人になって、これまでに使わなかった敬語の使い分けに苦労した経験はありませんか? 特にビジネスメールなどでは独特の用語も多く、困りますよね。

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

ご 教授 ください

意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 「ご教示ください」という言葉・表現は特に「特定の情報・内容をピンポイントで(部分的に)指し示すこと」を意味し、その場合の用法では「ご教授」や「ご指導」などの内容よりも「表面的な教え」、あるいは「臨時的な指し示し」といった意味合いが強くなります。 また、 大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 正しいのは? ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 例文 ・お忙しいところ恐縮ですが、議事録の作成方法をご教示いただきたく存じます。 例文 ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。

次の

「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

ご 教授 ください

「ご指南」は「 正しい方向に向かうように示すこと」という意味になります。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。 「教えてください」という意味一つでも、さまざまな言い回しができることが分かりましたね。 4.「ご指南」の意味 ご指南の読み方は 「ごしなん」です。

次の

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ご 教授 ください

「ご教示」は知らない知識やノウハウを教えてほしいときに使うので、相手の都合などを問うシーンで使うのは適切ではありません。 大学の教員という意味の名詞「教授」もありますが、今回取り上げる「ご教授」は動詞の方です。 「ご教授」はよく、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面で使われることが多いです。 ビジネスの場では「ご教示」が相応しい場面が多く、例文のように「詳しく知りたい」という時にも使うことができます。 何気なく使っていた、同じ意味では?と思っている方も多いと思います。

次の