星野 リゾート 雲仙。 湯快リゾート 雲仙温泉 雲仙東洋館

星野リゾート代表に「18か月の生き残り戦略」を聞いてきた、「マイクロツーリズム」から「特殊な旅行需要」への対応まで

星野 リゾート 雲仙

天気のよい夜は星空やムーンライトをお楽しみいただけます。 その期間を、今年4月以降の18か月間とし、この非常時の経営計画を立てている。 業界全体での3密回避の徹底、「安心安全の旅」が不可欠 では、今、観光産業にとって重要なことは何か? 星野氏は「この2か月で感染拡大を抑え込めれば、観光にとってはうまくいっている」と捉える。 もし、このようでもよろしければ有り難く心からお迎え致します。 必要以上に不安になったり、問題視しないことが大切」と強調する。

次の

湯快リゾート 雲仙温泉 雲仙東洋館

星野 リゾート 雲仙

雲仙・普賢岳の噴火が始まった1990年(約163万人)の3分の1以下にとどまる。 緊急事態宣言からの18か月間で非常時対応を計画 星野氏は、COVID-19が観光に与える影響は、新薬やワクチン開発、または集団免疫の獲得による安心感の醸成がされるまで続くと予測。 ニーズも従来と変わらない」、というのが星野氏の見立てだ。 新築であっても空調、シャワー器具やトイレの自動センサーなど最新モデルやデザインではない電気製品、金属製品等を使用しています。 これらを実現していくためには、社員の意識の醸成も重要だ。 そのマーケットが日本には確実にある」と力を込める。

次の

星野リゾートツアー・旅行|クラブツーリズム

星野 リゾート 雲仙

地元近海の食材はもちろん、名物や風習も取り入れたシェフ厳選のコース料理で食紀行をオススメワイン 夕朝食時のお飲物は有料 と共にお楽しみ下さい。 ご注意事項 ご予約前に、誤解やご期待を損ねる場合を 避けていただくため是非ともご認識下さい。 星野氏は、コロナの感染拡大が続く中、社内ブログなどで全社員に対する情報発信を強化している。 聞き手:トラベルボイス編集部 山岡薫 記事:山田紀子. 「過去の常識をいったん忘れ、安心安全な旅に特化することが大切」と実感したという。 運営が正式に決まれば、長崎県進出は初となる。

次の

星野リゾート 雲仙進出へ 長崎県内初 | 長崎新聞

星野 リゾート 雲仙

星野リゾート代表・星野佳路氏 日本市場で戻りやすいとみているのは、小規模で、もともと三密回避に向いている施設。 同温泉街の中心部に位置し、客室は70室。 星野氏の原点である軽井沢の場合、当時、東京からの旅行者が訪れていたのは夏場がほとんどで、ほかの時期は農閑期の関係団体などが地元から来て保養滞在をしていた。 自家用車でアクセスでき、食事は個室、というような施設だ。 対策の成果を出すには、全社員の協力は不可欠。 そして終息を待たずとも、この18か月間にも「元に戻らないまでも、ある程度の需要が戻ってくる。

次の

湯快リゾート 雲仙温泉 雲仙東洋館

星野 リゾート 雲仙

昼間のカフェから夜のバータイムまで、散策後のコーヒー、夕食後のアルコールなどご宿泊のお客様は無料で素敵な音楽と共に、語らいと癒しのひとときをお過ごしいただけます。 新型コロナは、これまでに経験のないほどの大きな影響を及ぼしている。 しかし、どこかの観光地でクラスターが発生してしまえば、たちまち「観光=悪」のイメージが広がる。 新たに設立する株式会社雲仙富貴屋が事業を引き継ぐ。 これまで各地で多くの旅館を再生してきた。 その成長を牽引してきた星野氏は、観光産業にとって未曽有の危機を迎えている今、何を考え、行動しているのか? 星野氏に、同社の生き残り戦略から旅行市場の需要予測まで聞いた。

次の

星野リゾート代表に「18か月の生き残り戦略」を聞いてきた、「マイクロツーリズム」から「特殊な旅行需要」への対応まで

星野 リゾート 雲仙

しかし、僕からすれば湯量は素晴らしく、良い施設になると思って開業を決めた。 「(観光産業全体で)日本国内の旅行は感染拡大にならない安全なアクティビティというイメージを作っていくことが大切」と力を込める。 ここでは、計画をはるかに上回る予約推移がみられるという。 企業としては、その時まで生き残ることが重要。 建物の老朽化が進み、耐震化への対応も迫られていた同旅館は5月6日にいったん閉館し、建て替えや改修工事などを検討する。

次の

星野リゾート 雲仙進出へ 長崎県内初 | 長崎新聞

星野 リゾート 雲仙

ソーシャルディスタンスを保つ座席配置の例 今後の計画としては、消費者調査を実施する予定だ。 宿泊棟のお客様は、既設のクラシカルなメインダイニングルーム「1917」で夕食、朝食共にお召し上がりいただきます。 星野リゾートは、高級リゾート「星のや」や温泉旅館「界」といった四つのブランドを軸に、国内外で36施設を運営。 同社は「地域に貢献し、雲仙の魅力を一緒に発信していきたい」としている。 取り組み内容の納得度を高めることが大切」と、社内の意識統一の重要性も強調する。 5月14日に緊急事態宣言は一部解除となったが、今後も感染の第2波、第3波の発生と今回のような自粛と緩和が繰り返され、この間の観光需要は平時とは異なる特殊な動きになると見ている。

次の

星野リゾート代表に「18か月の生き残り戦略」を聞いてきた、「マイクロツーリズム」から「特殊な旅行需要」への対応まで

星野 リゾート 雲仙

3密回避の宿泊体験がどういうものかを、動画や画像で示している。 同時に、宿泊者のアンケート調査からは、客室へのテイクアウトなど普段はないサービスに対する評価が高く、「コロナ期は安心安全を優先してほしいというニーズがあり、普段と異なるサービスをしても許容されることも分かった」と星野氏。 取材はリモートで実施した。 コロナ終息後の旅行需要は「V字回復どころかジャンプする。 「台湾の人々は海外志向が強く、島内の観光地は過小評価されていた。 お子様のご宿泊につきましては、正直、小さなお子様とファミリーで楽しめる宿とは申し難くございます。 その旅行とは、保養目的で行く滞在型旅行。

次の