ぜんざい と おしるこ の 違い。 地方グルメの「沖縄ぜんざい」とは?「ぜんざい」と「おしるこ」の違いって?

「おしるこ」と「ぜんざい」

ぜんざい と おしるこ の 違い

関東では「ぜんざい」 関西では「亀山」「小倉」 ということになります。 その地域ごとの違いにより、「おしるこ」と「ぜんざい」の区別がより楽しく感じるのではないでしょうか。 私自身も「ぜんざい」と「おしるこ」の違いについて知らなかったので、 汁気やあんこの違いで地方によって呼び名が変わるのには正直驚きました。 関西、九州でのぜんざいとおしるこの違い 関西ではあずきの粒が残っているものをぜんざい。 今回は地域差も含めて、4つの視点から両者の違いについて考察してみましたが、果たして本当なのかどうか、関西出身の人と関東出身の人両方に聞いてみると面白そうですね。 133• また、基本的に「おしるこ」と「ぜんざい」はどちらも汁気があるもので、 汁気がないものについては「亀山」や「金時」と呼ばれているそうです。

次の

今さら聞けない!「おしるこ」と「ぜんざい」の違いって何?

ぜんざい と おしるこ の 違い

また、あずきの粒が残っているおしるこは「田舎汁粉」 粒がないもののことは「御前汁粉」と呼んでいます。 その「じんざい」が、出雲弁 ずーずー弁 で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。 ぜんざいを漢字で書くと「善哉」ですが、仏教用語で「善哉(ぜんざい・よきかな)」は「すばらしい」という意味。 緑豆は、漢方にも用いられるような食材でもあり、食べ過ぎや食欲がない時、涼をよぶための民間療法として使われていたようだ。 この塩味のお汁粉が、今では当たり前になった甘いお汁粉がどのように変遷していったかは、詳しい文献は不明として知られていますが、お汁粉の手法で塩を入れて甘みをだすという方法が現在も受け継がれているので、「すすり団子」の塩味がこの手法へと変わっていったのではないかと思うと、伝統は今もなお受け継がれているのではないでしょうか。 酒のあてではなく、おやつ感覚で食べられるように甘くなったとも言われています。 アーカイブ• つまり、ぜんざいはあずきから作られており、おしるこはあんこから作られているという違いで判断されています。

次の

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは?

ぜんざい と おしるこ の 違い

この「お汁粉」は江戸時代ではすでにあった食べ物であり、当時は塩味が主流となっておりました。 この説には「関西では」といった注釈がつくことが多いですが、現在ではほぼ全国的にこのような区分で知られています。 スポンサードリンク おしるこの名前の由来や歴史とは!? おしるこを漢字では「お汁粉」と書きます。 ぶっちゃけ、関東と関西で認識されている 2つの違いを、ただ ミックスさせただけに なっているような気もしますが… 名古屋って、案外 そういうモンです。 ちなみに、「みつまめ」というものがありますが、粒あんではなく、白蜜で煮た小豆をかけたものが「みつまめ」となります。 3.2をもう一度繰り返す。

次の

おしることぜんざいの違いは?名古屋人の認識はコレ! | 教えたがりダッシュ!

ぜんざい と おしるこ の 違い

おしることぜんざいの違いは?名古屋人視点だとコレ! おしるこ ぜんざい 汁気 ある ない あんこ こしあん つぶあん お餅 白玉 四角い ということで、名古屋人の私から見た、 おしることぜんざいの違いは こんな感じ。 おしるこ【汁粉】:小豆あんを汁状にし砂糖を加えて煮たものに焼き餅 もち や白玉団子などを入れた食物。 おしることぜんざいの具の特徴 入れる具は、関西九州その他の地域でも丸餅、角餅、白玉が一般的です。 最近の投稿• 関西では、粒あんを使ったものを「ぜんざい」、こしあんを使ったものを「おしるこ」と呼びます。 関西人が東京で汁のある「ぜんざい」を注文したつもりでも「つぶあん」のあんこ餅などが来る訳です。 見た目が似ていても、作る工程で若干の違いがあり、それによって「おしるこ」と呼ぶか、「ぜんざい」と呼ぶかが決まるようです。

次の

おしることぜんざいの違いを解説!関西や九州など地域によって違う?

ぜんざい と おしるこ の 違い

「神在餅」とは、出雲大社の神事で振舞われるものです。 ではぜんざいはどうなんでしょうか?? ぜんざい ウィキペディアにはこう記されています。 これに関しては、全く関係がありません(笑) どちらを入れても「ぜんざい」「おしるこ」に変わりはないです。 この「すすり団子」とは、もち米とうるち米を合わせ、小豆を粉にして塩味をつけた汁で煮たものです。 室町時代にあったなんて、おしることぜんざいは古くから日本で愛されていた食べ物だったんですね。

次の

今さら聞けない!「おしるこ」と「ぜんざい」の違いって何?

ぜんざい と おしるこ の 違い

また、お店によってはつぶあんかこしあんかでおしるこの呼び名を変えていることもあり、つぶあんを「田舎しるこ」「小倉しるこ」、こしあんを「御前しるこ」といいます。 東日本と西日本の文化の違いは探せば面白いものがもっと見つかるかもしれません。 ざっくりまとめますと、 甘さ控えめの小豆いっぱいぜんざい 材料— ・あずきの水煮缶 1個 ・水 あずき缶の同量~2倍量 ・砂糖 大さじ2 ・塩 ひとつまみ ・焼いたお餅 3つ 作り方— 1、あずきを鍋に入れてその缶を使って水を入れ、砂糖大さじ2を加えてかきまぜながら中火にかけます。 関東では一部、つぶあんを使用したものも含め、汁気のあるものを全て「 しるこ 」と呼ぶ場合がありますが、その場合は特につぶあんを用いたものを「田舎汁粉」といい区別することもあります。 東日本と西日本で違う面白い食文化 ぜんざい(善哉)とおしるこ(お汁粉)の違いは関東と関西と言うより東日本と西日本で違います。 塩を加える。

次の

おしることぜんざいの違いは?ぜんざいの簡単な作り方。

ぜんざい と おしるこ の 違い

中火で加熱し、沸騰したら小豆がやわらかくなるまで(1時間くらい)弱火で煮る。 関西と関東におけるぜんざいの違い 前述の定義に沿うと、関西のぜんざいと関東のぜんざいとでは、餅が入っているかどうかという点と、汁気が多いか少ないかという点において異なります。 甘く煮た小豆に絡めて食べる白玉やお餅は、格段に身体を温めてホッとした気分を味わわせてくれますよね。 ・すすりだんごは、大分県などに残っている。 関東では、こしあんでも粒あんでも、どちらでもあんこの汁気があるものが「おしるこ」。

次の

「おしるこ」と「ぜんざい」の違いとは? 地域別の特徴も解説

ぜんざい と おしるこ の 違い

関西でもこしあんを使ったサラサラのあんこ汁の中にお餅を入れたものがおしるこです。 関西では、粒あんとこしあん、汁気の有無で呼び名が変わるんですね。 名前の通り、小豆の形がの残った状態で小豆をつぶさない物や少しつぶし小豆の形を残したものです。 「よきかな」を漢字で書くと「善哉」、それを音読みして「ぜんざい」になったと言われています。 おしることぜんざい。 しかし、寒い時などはぜんざいやおしるこを食べて温まりたいものです。 スポンサードリンク 見分け方のポイントまとめ(関西) 関西地方における『ぜんざい』と『おしるこ』の見分け方のポイントは以下の通りです。

次の