タイガース ブログ。 タイガースブログ

阪神タイガース 人気ブログランキングとブログ検索

タイガース ブログ

マルテも、大山の方がマシなのでは?というレベル。 T-岡田に打たれた、京セラドームでは見たこともないような超特大の本塁打は、ど真ん中とはいえエドワーズの大きな武器である渾身の直球であった。 両方ともタイトルが同じ。 曲も長いです。 開幕近しを思わせる、締まった展開。 そのユニフォームを買う資金は、関西のエレキバンドコンテストで優勝した賞金だった。

次の

阪神タイガース 人気ブログランキングとブログ検索

タイガース ブログ

じゃ、おやすみなさい。 島本もバントヒット、エラーもあってランナーためた後、しっかりしのいで、昨年好調時を思わせるピッチングの片鱗を見せた。 問題なし。 後は、戦力的な不安だが・・・投手陣は、高橋遥人の出遅れが誤算だが、ガルシアが間に合った。 開幕ローテに安心を与える投球。 前回の反省を意識するがあまり制球に注意を払い過ぎ、その結果直球に本来の力がなかったと信じたいが、もうしばらく懐疑的に見る必要があるのではないだろうか。 犠飛でボーアがなんとか生還。

次の

タイガースブログ

タイガース ブログ

10勝級クラスの左が来たときは迷わず大山といきたいところだがしょっぱなからそれでは、ボーアのプライドもあるので、当初はボーアで押すだろう。 6月9日に行われた広島戦の練習試合では、5連続四球と制球力に不安を見せていたが、今日6月12日に行われたオリックス戦の練習試合では制球面は改善されていたものの、T-岡田に前例のないような飛距離の本塁打を放たれた。 これは我ながらヒットでありました。 一週目がRCと氷室さん。 両軍5回までヒットなし。 歓声と大合唱が何とも美しいライブです。

次の

タイガースとチェッカーズ。 : 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩

タイガース ブログ

3塁マルテは固定で、1塁でボーアと大山を併用か。 アイドル性と音楽性のはざま、というスタンスも似てます。 初期の作家の人たちが書いた曲も歌いつつ地力を蓄えて行った。 オリジナルは誰だろうと思ったら、ビートルズの後に出てきたイギリスのバンド、ハーマンズ・ハーミッツでした。 でも、仕事で満足できるのだから幸せですよ。

次の

タイガースとチェッカーズ。 : 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩

タイガース ブログ

歌だけじゃなく、言葉の端々にも万感の思いが込められている。 角度のある真っ直ぐとフォークは健在。 ----------------------------------------------- 2005年優勝:千葉ロッテ 2006年優勝:千葉ロッテ 2007年優勝:北海道日本ハム 2008年優勝:福岡ソフトバンク 2009年優勝:福岡ソフトバンク 2010年優勝:オリックスバファローズ ----------------------------------------------- プロ野球 セ・リーグ 読売ジャイアンツ 阪神タイガース 中日ドラゴンズ 広島東洋カープ 東京ヤクルトスワローズ 横浜ベイスターズ パ・リーグ 埼玉西武ライオンズ オリックスバファローズ 北海道日本ハムファイターズ 千葉ロッテマリーンズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 福岡ソフトバンクホークス. この特集、思ったりより手間もかかりますが、思ったより楽しい。 80年の「RHAPSODY NAKED」と2004年の「21Century Boowys vs Himuro」の二枚。 FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」のライブ盤特集、後半二週、録り終えましたよ。 66年1月にデビューしたGSのバンド。 そのため、エドワーズの直球のキレや重さに致命的な問題があるのではないかと疑われるのは無理もない。

次の

タイガースブログ

タイガース ブログ

その模様を収めたライブアルバム「ファイナル」も武道館公演最初のライブアルバムじゃないでしょうか。 初回、球界でも屈指のパワフルピッチャーオリ山本から、3点を奪う。 どのMCを生かすか。 なんとなく不安だっただけに安心した。 まあ、大山もここにきて音無しなので、ちょうど良いかもしれない。 延長戦は12回から10回のみに短縮され、外国人選手の1軍枠は4人から5人に増える(ベンチ入りは4人のまま)。 武道館がバンドのワンマンライブに使われた最初でしょう。

次の