創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想。 「創約 とある魔術の禁書目録」感想(ネタばれあり)

【とある魔術の禁書目録】創約1巻の感想(ネタバレあり)

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

彼も大能力者(レベル4)でしたが、舞殿とは異なり、斬擊、発火、無音化、透明化など様々な力を使い分けることができたようで、汎用性に特化していましたね。 総評としては、「最高だったな!」という感じで、とても楽しめました。 正義はここにあると。 重ねられたのは唇と唇。 今までの日常が壊れるのが怖くて、とても周りには相談することができない。 十字教が中心となっていた『旧約』。 何が目的なんですかね? 楽しみです。

次の

【とある魔術の禁書目録】『創約』『リバース』『22』の意味・表紙の五芒星の謎【考察】

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

12月24日のクリスマスイヴ。 黒幕は、統括理事の1人なのですが動機がまた悲しいんですよ。 丸薬を飲んでしまった上条さんはどうなったのか、上条さんと美琴やインデックスはどろり幼女にどう立ち向かうのか、非常に気になるところです。 作中で繰り広げられた上記のような展開は舞園達への絶対的な否定なんですけど、暗部を消し去ろうとした張本人である一通さんが、かつてあまりにも大きな罪を背負い、その罪の枷を振り切ろうと一度もがき、何かを見誤って暗部に身を落とし、それでも最後には「正しさ」を取り戻した人間である、という事実がそこに加味されることで、諦めに囚われて多くのものを傷つけてしまった彼らに対する救いが生まれてるのもとても良いフォローになっていて好きです。 なので、今後は、戦闘ではなく頭脳戦が多くなり、一方通行の活躍が減ってしまうのかな、と思いました。 学市にいるヒーローを信じる。 だとするとピンチ。

次の

創約とある魔術の禁書目録第一巻 序章 感想・ネタバレ

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

あの悪魔も側にいることですしね。 敵はケーキ屋さんのアルバイトに扮して、地上からじっと上条さんを監視していたのです。 それは、一方通行の野望を達成するためです。 どろり幼女は妙齢の 妖麗な魔女へと姿を変えると、妖しげな黒い丸薬を口に含み、そのまま上条さんと唇を重ねる。 上条さんでなければ痛みで失神してそうです。 フレンダは無能力者です。 当たり前のようなことができなくなる、その恐怖や不安というのは計り知れませんね・・・。

次の

【とある魔術の禁書目録】『創約』『リバース』『22』の意味・表紙の五芒星の謎【考察】

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

なんか安心します。 理不尽に悪人が嗤い、不条理に善人が泣く時代はもう終わったのだと。 そして、学市には、服役中の捜査協力により、事後的に刑がされるという制度が存在してもいいのでは・・・! また、禁書世界のイギリスには「 奉仕作業」という特別措置もありますね。 この 「ヒーロー」という存在も今巻のテーマの一つに感じました。 クリスマスということでミニスカートのサンタクロースに扮していたのですが、一番目立つ格好だからこそ、上条さんからの注意から外れてしまったわけですね。 そういう人達が暗部という暗い側面を持つ場所で生きていくことになってしまうのは仕方がないことではあります。 それでも、一方通行は自身の野望を叶えるために、この選択をしたのです。

次の

創約とある魔術の禁書目録第一巻 第一章 感想・ネタバレ

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

色んなものを乗り越えて成熟した一通さんのとった行動だから、重みも段違いなわけです。 新シリーズも存分に楽しませていただきます。 tako931. 今巻、読者の見守ってきた登場キャターの姿が様々な役割を果たしていていいなあってなるのが多いですね。 無料期間中に解約すれば料金がかかりません。 そんな楽しい時を過ごしている最中にも確実に魔の手は迫っていました。 上条さんの言っていることは最もですが、それはとても難しいことでしょう。

次の

【とある魔術の禁書目録】漫画24巻 暗部抗争編もいよいよクライマックスへ!Ha det bra!【感想(ネタバレ注意)】

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

決して感情に流されず、いっそクレバーに、自分自身の立ち位置に折り合いをつけていく。 ダーツなんてオシャンティーなものは上条さんが知るはずもなく、インデックスについては論外。 そんな統括理事長の彼が捕まることで、例え統括理事長であろうとも例外なく悪は罰し償わるんだという事実を、人々に示そうと一方通行は考えたわけです。 リバースの前半も平和でしたが、その平和を楽しんでいたのは『神浄の対魔』だったんでノーカンです。 全裸幼女の姿を見てオティヌスは声を荒げる。 だって 物凄い不幸にあって吹っ切れたからとはいえ クリスマスにかこつけて女の子二人と遊んでるのに、ルを引くくらい妬んだりするのは微妙に筋が通ってないのでは、とか細かい部分は置いといても、表紙から想像されるいかにも楽しげでクリスマス回だー、ってなる展開まで行くのが遅すぎたように感じました。

次の

創約とある魔術の禁書目録第一巻 第一章 感想・ネタバレ

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

収容施設足りるのかな…。 はまだ落第が決定していなかったんですね。 唯一、12歳と思われる 絹旗最愛は刑事未成年(14歳以下)にあたるので、刑法上の罪には問われません。 その少女はが以前出会った全裸幼女だった。 救世主。 ただし、念動能力としての能力が高く、レベル5ともやりあえるほどの力を持っています。 根丘による『暗部』一掃の反対運動は、創約1巻でひとまず解決した、ということでいいのかな。

次の

創約とある魔術の禁書目録第一巻 序章 感想・ネタバレ

創 約 と ある 魔術 の 禁書 目録 感想

いつ見ても思いますが、常人であれば確実にリタイアしていますよね。 というか、作中ではまだ1年も立っていないことにびっくり。 91 今回がの説得にののこと話したのが新鮮だった 旧約でに話しらもうバレても構わないしな 209: 202. そうですよ。 上条さんの強さは何度やられようが絶対に立ち上がるこの精神力。 この描写をみるに、やっぱり『心理定規』の能力によって情報をバラしてしまったんですね・・・。 もう戦いは終わったと思い、雇い主に状況報告をする舞殿。

次の